連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

iPhoneの画面をテレビに映すならやっぱりコレ!買って損なし純正アダプタ【今日のライフハックツール】

author 文・写真:ドサ健
  • カテゴリー:
  • TOOL
iPhoneの画面をテレビに映すならやっぱりコレ!買って損なし純正アダプタ【今日のライフハックツール】

iPhoneで動画やゲームを楽しむ機会が多いかと思いますが、画面サイズが小さいので迫力がイマイチ。

「大画面でiPhoneを楽しめたら」と思ったことがある方は多いのでは?

iPhoneの画面サイズを大きくすることはできませんが、実は画面をテレビに映すことができるんです。

テレビに映すのは簡単。『Apple Lightning - Digital AVアダプタ』と『HDMIケーブル』を用意して、テレビのHDMI端子とつなぐだけ。

たったこれだけで、iPhoneの画面をテレビに出力し、大画面で見ることができるようになります。

20211001dosa1

Apple Lightning - Digital AVアダプタは、iPhone等で表示される動画、ゲーム、アプリケーションなどを、HDMI搭載のテレビ、ディスプレイ、プロジェクタなどに最大1080pのHD画質でミラーリングすることができます(別途HDMIケーブルが必要)。

画像のほか、音声もテレビに出力されます。

Lightningコネクタを持つiPhone、iPad、iPodで使用可能です。

20211001dosa2

iPhone 6sと並べてみてわかるように、コンパクトでかさばりません。

20211001dosa3

アダプタ右側にはLightning端子があり、そこにLightning充電ケーブルを接続すればiPhoneの充電ができます。

テレビに映している際に、充電が少なくなっても安心。

iPhoneの画面をテレビに映すと…

20211001dosa4

iPhoneの画面をテレビに映すとどんなことができるのか。購入して試してみました。

使い方が簡単すぎる

20211001dosa5

接続は簡単でiPhone、Apple Lightning - Digital AVアダプタ、HDMIケーブル、テレビをつなぐだけです(撮影ではパソコン用ディスプレイを使用しています)。

20211001dosa6

Safariなど回転に対応したアプリの場合は、縦向き横向きで表示ができます。

20211001dosa7

iPhoneを横にすれば、ディスプレイの画面も横に。

こんな使い方もできます

動画

20211001dosa8

YouTubeAmazon Prime Videoなど、多くの動画アプリを映すことができます。

iPhoneの小さい画面で見ていた動画も、大画面、大音量になると迫力が違います。また、テレビに映すことで大勢で楽しめるようになります。

20211001dosa9

ちなみに動画をテレビに映している際は、iPhone上は表示されません。

ゲーム

20211001dosa11

小さな画面で楽しんでいたゲームも、大画面で楽しむことができます。

PS4のコントローラーを接続すると

20211001dosa12

iOS対応のゲームコントローラーと接続すれば、もはや据え置きゲーム機です。

写真

20211001dosa10

iPhoneだと画面が小さいので、写真を複数人で見るにはちょっと不便。でもテレビに映せば、友人や家族みんなと大画面で楽しむことができます。

仕事や授業で

iPhoneとプロジェクタを接続すれば、簡単に大人数へプレゼンテーションができます。

また、資料を大画面に映して授業で使うことも可能です。

カーナビと接続

対応カーナビと接続すれば、Google マップを表示することもできます。

iPhoneの可能性が広がる

20211001dosa13

iPhoneは、そのコンパクトなサイズ感から、いつでもどこでもひとりで楽しむことに向いています。

でも、iPhoneの画面をテレビの大画面に映し出してみると、今まで知らなかった楽しみ方、使い方があることに気がつきました。

大画面に映すことで、プライベートでは動画やゲームを大迫力で楽しむことができ、仕事では顧客や上司などに伝わりやすいプレゼンテーションができたりと、iPhoneの可能性をより広げることができます。

iPhoneのアプリを大画面で使いたいなら、ぜひApple Lightning - Digital AVアダプタを試してみてください。

swiper-button-prev
swiper-button-next