連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

キーボードやソファの隙間もスッキリ!ペットボトルサイズの小型掃除機【今日のライフハックツール】

author SUPERIDOL
  • カテゴリー:
  • TOOL
キーボードやソファの隙間もスッキリ!ペットボトルサイズの小型掃除機【今日のライフハックツール】
Photo: SUPERIDOL

机や棚の上、キーボードの隙間など、ホコリや細かいゴミが溜まりやすいけれども掃除しにくい場所は、身の回りに多いもの。

そうした場所は大きな掃除機では扱いづらいので、小回りが利くハンディクリーナーが便利ですよね。

我が家では、扱いやすいサイズで、スッキリとした見た目のXiaomi『Mi ハンディクリーナー ミニを愛用中です。

コンパクトなペットボトルサイズの掃除機

01-2
Photo: SUPERIDOL

サイズは高さ26.7cm、幅と奥行きはともに5.5cm。

重さは約500gで、500mlのペットボトルに近いサイズ感です。

02-1
Photo: SUPERIDOL

底部は平面に置いて自立するようになっているので、収納時に場所を大きくとりません。

2段階の吸引力

03-1
Photo: SUPERIDOL

こうしたハンディクリーナーで気になるのは、どのくらい吸引力があるのか。つまり、ちゃんと掃除できるかどうか

『Mi ハンディクリーナー ミニ』は、掃除するシーンに応じて通常モードと強力モードの2段階の吸引力を使い分けることができます。

これまで使ってみたところでは、通常モードで十分な吸引力があり、強力モードを必要とする場面はありませんでした。

なお、強力モードは吸引力がある分、動作音が大きくなります。

一般的な掃除機よりも甲高い音がするので、近くに人が居る状況では配慮が必要になるかもしれません。

04-1
Photo: SUPERIDOL

本体のボタンを押す度に、「通常モード」 → 「強力モード 」→「電源オフ」と切り替わるようになっています。

05-2
Photo: SUPERIDOL

吸引口につけることができるブラシと延長ノズル、2つのアタッチメントが付属

06-1
Photo: SUPERIDOL

ブラシのアタッチメントは、布地やキーボードの掃除に便利。

ホコリをブラシでかき出しながら吸い取っていけます。

07-1
Photo: SUPERIDOL

ソファの隙間など、本体の吸引口では届かない場所には、延長ノズルでアプローチ。

USB-Cで充電可能

08-1
Photo: SUPERIDOL

充電はUSB-Cポートから給電可能。

バッテリー持続時間は、通常モードで約30分、強力モード時は約9分となっています。

数値で見ると持続時間が短い印象があるかもしれませんが、日常的な使用において途中で充電切れになったことはなく、必要十分なバッテリー容量を備えています。

透明なカップで中身が見やすい

09-1
Photo: SUPERIDOL

吸い込んだゴミは、透明なカップに収集。

どのくらい吸い込んだのか、一目でわかるようになっています。

10
Photo: SUPERIDOL

水筒のような蓋を開けることで、集めたゴミを簡単に捨てることができます。

写真を撮る前の準備にも便利

日々、身の回りの掃除に活用している『Mi ハンディクリーナー ミニ』は、小物の写真を撮る前の準備にも使っています。

11
Photo: SUPERIDOL

ホコリが目立ちやすい黒いもの、拭き取りにくい布地のものなどをハンディクリーナーで吸い取ってあげると、きれいに撮影ができます。

1つあると何かと役に立つハンディークリーナー、掃除道具のラインナップに加えておくと便利ですよ。

Source: Xiaomi

swiper-button-prev
swiper-button-next