連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

イヤホンの「何か合わない」問題を解決。原因は耳のアレにあった

author 執筆・撮影:小暮ひさのり
  • カテゴリー:
  • TOOL

Sponsored By ハーマンインターナショナル

イヤホンの「何か合わない」問題を解決。原因は耳のアレにあった

イヤホン選びにおいて、完全ワイヤレスイヤホンは最近のトレンドであり、見逃せないアイテム。

煩わしいケーブルから解放される自由度の高さや、近年ではマスク装着時でも通話や音楽を快適に楽しめることもあって、このタイプを選ぶ理由がますます増しています。

一方で、完全ワイヤレスには「装着感が悪い」「外れてなくしそう」といった不安の声も。しかし、それらを「完全ワイヤレスイヤホンを持たない理由」にしてしまうのは早計です。

JBLの「LIVE PRO+ TWS」は、まさにこうした装着感への課題を解決した一機。さまざまな人々の耳の形状、さらにはライフスタイルにフィットするように設計された、今求められる“完全ワイヤレスのカタチ”なのです。

今回は、このイヤホンがいかにして装着感を高め、多くの人が感じる「何か合わない」問題を解決できたのか? その理由を紹介していきます。

イヤホンがフィットしない理由→耳の大きさは関係なかった

2021-07-02iyak01

まず、実際に「LIVE PRO+ TWS」を装着した感想です。

確かにこのイヤホンからは、しっかりと耳に収まっているフィット感の良さを感じます。完全ワイヤレスイヤホンの中には、耳の中で突っ張って支えているような不安定さを感じる製品もありますが、こちらは明らかに違います。まるで耳の一部になっているかのような安定感があるのです。

「たまたま筆者の耳のサイズにフィットしただけでは?」と思うかもしれません。ですが、JBLは高いフィット感を追求すべく、アメリカに本拠地を置く音響メーカーならではのアプローチを実践。

さまざまな人種・民族・年齢層・性別における耳の構造を研究し、その結果得たのが「フィット感は耳の大小に依存しない」という事実だったのです。

2021-07-02iyak02

では何がフィット感を左右しているのかというと、上の画像にあるように、耳の「コンチャ(くぼみ)」と「トラガス(くぼみをカバーする軟骨)」だというのです。

2021-07-02iyak03

この人間工学的な研鑽から生まれた「LIVE PRO+ TWS」は、ハウジングの厚みがおよそ15mmと薄めで、コンチャに収まりやすい楕円形の構造を採用。

JBLのイヤホンでは初めてのショートスティック型となっていますが、これもフィット感や重量バランスの調整ゆえの新デザイン。

女性が身につけたシーン
小さい耳の方や女性にもフィットする軽快な装着感が特長の「LIVE PRO+ TWS」
Photo: ライフハッカー[日本版]編集部

すなわち「LIVE PRO+ TWS」は、コンチャの大きさ・深さ、トラガスの形状に関わらず、あらゆる人がフィット感を得られるように計算し尽されたデザインとなっているのです。

最適な装着感がわかるアプリで「合わない」を解消

2021-07-02iyak04

LIVE PRO+ TWS」のフィット感へのこだわりはイヤーチップにもあります。

イヤーチップは5サイズ(深め M/L、浅め S/M/L)用意されていますが、さらに専用アプリ「My JBL Headphones」を使うことで最適なイヤーチップを選択できるのです。

この解析に利用しているのが、反射音。音楽を流した時に、鼓膜や耳筒から得られる反射音から密閉感を判断しているのだそう。これもまた、音響メーカーらしさが光るアプローチだと言えます。

こうして「LIVE PRO+ TWS」は、複数のアプローチから絶妙なフィット感を実現。事実、テレワークに、家事に、ウォーキングにと日常的に着けてしばらく経ちますが、抜け落ちそうなことや、ズレた感覚を受けたことは一度もありません

繰り返しになりますが、それはまるで耳の一部になっているかのような感覚。しっかりとホールドされ、それでいて気持ち良いフィット感で、そこ(耳)に居てくれるのです

デメリットを感じさせない、音響メーカーならではのこだわり

2021-07-02iyak05

「LIVE PRO+ TWS」では、ハウジングを薄くすることでフィット感の良さを得ましたが、このアプローチには低音域が出づらいというデメリットもあります。これはハウジングの空間サイズと直結する構造上の特性です。

しかし、こうしたデメリットをちゃんと潰してくるのもさすがのJBLクオリティ

LIVE PRO+ TWS」は11mmの大型ダイナミックドライバーを採用。ドライバーサイズをできるだけ大きくすることで、高音質化と共に低音域の迫力を向上させているのです。

実際使っていても、低音域は豊かでやわらかな広がりをみせ、ハウジングサイズによる制限は一切感じられません。サウンドへの妥協は許さないプロフェッショナルな姿勢を感じさせられる見事な表現力です。

2021-07-02iyak06

もちろん、アプリを使ったイコライザーのカスタム調整もサポートしています。

自分好みのプリセットやオリジナルの設定も手軽につくることができ、音源に合わせた変更が可能。音源の再現率を追求するような“こだわり設定”も、この大型ドライバーなら十分に楽しめることでしょう。

装着感だけじゃない、ライフスタイルに“フィット”する理由

LIVE PRO+ TWS」の掲げる“フィット感”、それは装着感だけではありません。

ライフスタイルにフィットする」というテーマからさまざまな機能が備わっており、その1つがハイブリッドノイズキャンセリングです。

「LIVE PRO+ TWS」にはノイズキャンセリング用フィードバックマイクが左右に1つずつ、ノイズキャンセリング用フィードフォワードマイクが左右に1つずつ搭載されています。

これにより、生活音を主にカットする「日常モード」、飛行機や電車内の移動に最適な「トラベルモード」、屋外活動に最適化された「アクティブモード」という、利用者のライフスタイルを想定した3つのノイズキャンセリングモードで、シーンごとに特性を切り替えて利用できるのが特徴です。

このノイズキャンセリング、実際に体験してみるとかなりの威力に驚きます。

2021-07-02iyak08

タッチセンサーをタップしてノイズキャンセリングをオン。

これだけで、エアコンの稼働音、空気清浄機の噴出音、PCのファンノイズと、室内の気になる騒音がまるで最初からなかったかのようにキレイにカットされます。

特性としては、特に低音域のカットに強い印象を受けました。ノイズキャンセリング特有の圧力感があるものの、前述したエアコンやファンノイズをはじめ、自宅の前を走る車の音までしっかりと排除してくれるので、仕事中は「ノイズキャンセリングオン」が定番のスタイルとなっています。

さらにこのイヤホンを選びたいと思わせる理由が、音楽を再生したまま周囲の音を瞬時に取り込める「アンビエントアウェア機能」と、再生中の音楽のボリュームを自動的に下げてイヤホンを装着したまま会話できる「トークスルー機能」。これらはいわゆる外音取り込み機能となり、ノイズキャンセリングと同じくタップで切り替えられます。

2021-07-02iyak07

筆者は、ノイズキャンセリングをオンにして仕事に集中していると、他人の接近に気づかず不意に話しかけられることもあります。

ここでイヤホンをワンタップ。ノイズキャンセリングの状態から瞬時にアンビエントアウェアモードに切り替わり、イヤホンを取り外すことなくスムーズに会話ができるのです。

この機能は本当にクオリティが高く、人の声はもちろん周囲の音がごく自然に届いてきます。「まるでイヤホンを着けていないかのように…」まで言っても許されるレベルだと感じました

片側利用できてバッテリーも長持ち。日常へフィットする快適性能

2021-07-02iyak10

「ワイヤレスイヤホンは片側だけでは使いづらい」

「バッテリー切れで急に使えなくなるから苦手だ」

こうした不安も、「LIVE PRO+ TWS」は解消しています。

ステレオでも片側モノラルでも使用可能な「デュアルコネクト」 仕様なので、 ウェブミーティングの音声を聞きつつ、周囲と会話したりといったシーンでも活躍するなど、片方のイヤホンだけで利用できるのも利点。

また、このサイズと重量からは想像できないほどバッテリーは持ちます。

スペック値では、ANCオン時最大再生約24時間(本体6H + ケース18H) 、ANCオフ時最大再生約28時間(本体7H + ケース21H)。実際の利用シーンでも、日中の仕事中にバッテリーが切れたことはありません。

急速充電対応10分の充電で約1時間再生できるので、ちょっとした休憩時にケースに戻すだけで、バッテリー切れの心配なく仕事や鑑賞に集中できるのも長所の1つです。

2021-07-02iyak11

ケースはワイヤレス充電対応なのもユーザビリティにつながるポイント。所定の位置(ワイヤレス充電パッド)に置く習慣をつけておけば、ケース自体のバッテリー切れリスクも排除できます。

さらにおすすめポイントを挙げると…

・IPX4等級防水対応(イヤホン本体のみ)

・高い集音力のあるマイクで通話も快適

・安定性・音質・低遅延を切り替えられる「スマートオーディオ機能」

・万が一の「イヤホンを探す」機能

など、あらゆるケースを想定して快適に利用できる機能・性能が備わり、現代に求められるイヤホンの利用シーンへも見事にフィットしているのです。

日常使いで選びたい「本当に合う」イヤホン

2021-07-02iyak12

人間工学に基づいたフィット感、優秀なノイズキャンセリングとアンビエントアウェア機能。ロングライフのバッテリーや、片側利用・ワイヤレス充電への対応。そして何より音響メーカー・JBLが誇るサウンドクオリティ。

さまざまなライフスタイルにフィットし、快適な機能が揃っている「LIVE PRO+ TWS」は「ホワイト」「ベージュ」「ブラック」の3色展開楽天市場JBL.comの限定販売で、価格は1万7800円(税込)です。

完全ワイヤレスイヤホンに付きまとう「何か合わない」といったモヤモヤした課題感。そんな悩みはこのイヤホンで覆ることでしょう。

Source: JBL(1, 2), 楽天市場

swiper-button-prev
swiper-button-next