連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

残り物のピザをおいしく温める方法

author Joel Cunningham - Lifehacker US[原文]/訳:伊藤貴之
残り物のピザをおいしく温める方法

ピザほどうれしい残り物はありません。これも、ピザはワンサイズ大きめを注文することを勧める理由の1つです。

冷蔵庫から出したばかりの冷たいピザにかぶりつくのもありですが(深夜の2時半に下着姿で立ったままだとしても)、熱々のピザを食べたいのであれば、電子レンジで温めるのはやめてください

もっといい方法があります。

フライパンでピザを加熱する

現在、Redditのコミュニティ「r/lifehacks」で、米Lifehackerが約10年前に投稿した、「フライパン」を使った方法が話題になっています。

電子レンジでチンするほどスピーディーではありませんが、中火のプライパンの上で約8分間加熱することで(Epicuriousさんによると、Redditユーザーの中には弱火で2分でできると言う人もいたのだとか)、生地のパリパリ感を取り戻しながら、中までしっかり温めることができます。

チーズをきれいに溶かしたい場合は、フライパンにフタをして加熱するとよい

熱々のピザを食べるのに8分は長いと思うなら、米Lifehackerのシニアフードエディタ Claire Lowerが提案する、2つの方法を試すこともできます。

ワッフルメーカーを使う

サルバドール・ダリみたいなクタクタのピザよりは満足度は高くなるはずです。その方法とは、ノーオイルフライヤーかワッフルメーカーを使うことです。

ノーオイルフライヤーを使うと、オーブンでピザを再加熱するのと大差ない仕上がりになります。

この装置は、オーブンをより小型に、より効率的にしたもので、375度で3~4分後加熱すれば、ピザ屋で焼いたばかりのような状態に戻ります。

ワッフルメーカーが冷めたピザを温めるに適しているとは思えないかもしれません。でも、ちょっと工夫して、2切れのピザを重ねて焼くとうまくいきます。

ワッフルメーカーで温める方法

まず、一切れのピザを表を上にして置き、その上に、表を下にしたもう一切れのピザを重ねます。

Claireによると、「生地は高温の鉄板に触れてパリパリになり、真ん中でチーズ同士で押し付けられて温まり、しっかり溶けてくれる」そうです。

適度に温まったら、ピザを1枚ずつ切り離して食べてもいいし、Claireのようにサンドイッチにして食べてもいいでしょう。

とにかく、どんな方法で温めるにせよ、ピザの残り物ほどうれしいものはありませよね


Source: Rdddit, Salvador

swiper-button-prev
swiper-button-next