連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

7000円の価値以上!音が途切れない、簡単接続のコンデンサーマイク【今日のライフハックツール】

author カマタユキコ
  • カテゴリー:
  • TOOL
7000円の価値以上!音が途切れない、簡単接続のコンデンサーマイク【今日のライフハックツール】
Photo: カマタユキコ

テレワークの時間が増えたことで、買い足したのがWeb環境を快適にするマイク

オンライン会議等での使用頻度が増えたことで、パソコンの内蔵マイクでは音声の途切れや音質の悪さを痛感したことがきっかけとなりました。

Blue Microphonesのマイク『Snowball iCEは、見た目がおしゃれなだけかと思いきや、その実力は価格以上。

すぐに使える手軽さも購入の決め手でした。

パソコンに接続するだけで準備完了

面倒な設定や接続はせずに手早く使いたい」人におすすめなのが、Blue Microphonesのコンデンサーマイク 「Snowball iCE」。

レトロなシルエットが目を引くデザインです。

コンデンサーマイクといえば低域から高域まで主音可能(※「集音可能」?「主音として可能な」?)な周波数の幅が広く、Snowball iCEの場合、周波数特性は40Hz-18KHz。

些細な音までしっかりと集音できる感度の高さが優秀です。

Snowball iCEはそれでいて特別な設定は必要なく、パソコンとマイクをUSBケーブルで接続すればいいだけという手軽さ

image002
Photo: カマタユキコ
image003
Photo: カマタユキコ

USBは1.1/2.0/3.0に対応しており、付属のUSBケーブルとパソコンを繋ぐとマイク上部が点灯します。

ドライバーをインストールしたり、Bluetoothの設定をしたりという必要がないので、使用前にはケーブルを繋ぐだけ。手間が省けて助かります。

もちろんWindows、Macどちらにも対応

マイクの中では安価なので、マイクを初めて購入する方やパソコンが苦手な人にも簡単にWeb環境を快適にできるアイテムといえます。

image005
Photo: カマタユキコ
image004
Photo: カマタユキコ

クリアで明確なサウンド

マイクに向かって1人で話す時に適している単一指向性のコンデンサー・カプセルを搭載しているので、特にZoomやSkypeといった通話に最適

試しに音声録音で使用してみると、パソコンの内蔵マイクよりクリアで明確な音質で、聞き取りやすく感じました。

オンライン会議でも「音声がすっきりした感じがする」と言われましたが、単一指向性とはいえキーボードのタイピング音は拾ってしまうので注意が必要です。

image006
Photo: カマタユキコ

また、マイク本体に操作するボタン等は一切ないので、ミュートや音量を上げたいという場合はパソコンの環境設定などで操作しなければなりません。

ただMac、Windowsに対応しているBlue Sherpaコンパニオンアプリを使えば、パソコンからファームウェアの更新や音量の細かい設定などができるので、最大限活用したい人にはアプリの利用もおすすめです。

image007
Photo: カマタユキコ

カラーはブラックとホワイトの2色

image008
Photo: カマタユキコ

三脚のスタンド部分は高さを、マイク部分は上下に調整することができるので自分に最適な位置に設置が可能。

三脚は閉じることもマイク本体から取り外すこともできますが、マイク本体が大人のこぶしよりひと回り大きいサイズなので持ち運びには不向きかもしれません。

カラーはブラックとホワイトの2色

インテリアとしても楽しめるデザインで、デスクに置いてあるだけでテンションが上がります。

そして何より機能性も十分、煩わしい設定や接続のストレスから解放されることも含めれば、コストパフォーマンスは抜群といえそうです。

Source: Blue Microphones(1. 2

swiper-button-prev
swiper-button-next