連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

仕事がはかどる!リモートワーク時の気分転換に五感に着目した「強炭酸水」が最強だった

author 文:島津健吾 撮影:KOBA

Sponsored By サントリー食品インターナショナル

仕事がはかどる!リモートワーク時の気分転換に五感に着目した「強炭酸水」が最強だった

ここ1年で定着したリモートワークですが、「オンオフの切り替えの難しさ」は未だ解決されていない課題の1つ。

その一方、オンオフの切り替え方が分かれば、リモートワークの満足度はさらに上がると言えるでしょう。

そこで今回手にしたのは、サントリーが6月29日に新発売する強炭酸水「THE STRONG 天然水スパークリング」(以下、ザ・ストロング)。味覚だけではなく、五感に着目したこの強炭酸水を、1週間生活に取り入れてリモートワークとの相性を検証してみました。

5年間にわたりリモートワークを実施してきた筆者の気分転換法を交えながら、リモートワーク時代の生産性を落とさない働き方について考えていきます。

結論を先に言うと、「ザ・ストロング」は、単なる水分補給ではなく、気分転換や健康面から見て、リモートワークにぴったりの飲み物だったのです。早速、その理由を見ていきましょう。

1. 強炭酸水の刺激で朝からスタートダッシュ

003471

オンとオフの切り替えが一番難しい朝の時間帯。1日のスタートダッシュを決めるために、筆者が取り入れているのが「朝シャン」です

頭から浴びる低温のシャワーは、寝ぼけた脳を目覚めさせるのに効果抜群。特に、暑さで頭がボーッとするこれからの季節におすすめです。

そして外側からの刺激が「朝シャン」とするなら、内側からの刺激は強炭酸水です。

ここで、冷蔵庫でキンキンに冷やしておいた「ザ・ストロング」の出番。

強炭酸水というだけあり、細かい泡が口の中で力強く弾けます。そして、喉の奥でジュワ〜と広がる強力な炭酸の喉越しがたまらない。「目が覚めるような一杯」とはこのことを言うのでしょう。

さらに嬉しいのが、ナチュラルミネラルウォーターと炭酸ガスのみでできた「ザ・ストロング」は、0キロカロリーの無糖でヘルシーという点。朝からカロリー摂取は最低限にしたいという方にもおすすめです。

まさに、「朝シャン」の後に飲みたい、頭のスイッチをオンにしてくれる炭酸水と言えます。

2. ランチ後の眠気対策に

003288

午前の仕事が終わりランチを済ませた後は、睡魔との戦いに。ここをどう乗り切るか。リモートワーカーが頭を悩ませる時間帯ではないでしょうか?

午後も高い生産性を保つために、筆者は食後に屈伸をする、首を回す、腕を伸ばすといった軽いストレッチを行っています。ただ、こり固まった疲れをほぐすにはちょうどいい運動なのですが、強度が弱く睡魔に負けてしまう日も…。

できればストレッチ以外で、刺激のあるものを取り入れたい。それが正直な気持ちでした。

今回試したザ・ストロング」は、目が覚めるような刺激的な飲み心地に加えて、バシュッという爽快感のある開栓音が耳を刺激。そこに振動も重なり、眠気対策に!

またボトルの内側に耳を傾けると、小さな気泡がパチパチパチとリズム良く弾ける音が聞こえてきます。ボトルの中に反響する音から清涼感を感じるのは、まさに強炭酸水ならでは。

生産性が落ちがちな午後の仕事も、「ザ・ストロング」で仕切り直しを。ストレッチと組み合わせて、午後も高い生産性を維持してみませんか?

3. 仕事が煮詰まったときの気分転換に

003337

「ザ・ストロング」は、仕事が煮詰まったときの気分転換にも最適です。

その理由は、視覚や触覚にまで刺激を与えてくれるボトルデザインに。

削り出された氷がモチーフの「バキバキボトル」は、凹凸のあるデザインが特長。強く握っても凹まず、むしろ手のひらのつぼをマッサージしてくれる感覚があります。

また、ボトルのラベルは、スタイリッシュなシルバーカラー。一般的に青や赤といったラベルが多い中、異色とも言える落ち着いた色合いは、目と脳に休息の時間を与えてくれますよ。

味覚や嗅覚だけじゃない。見て触って、インスピレーションを得られるまさに五感を刺激するようなボトルデザインと言えますね。

筆者も、仕事が煮詰まることがよくあります。そんなときは、家の窓を全開にして、どんよりした空気を入れ替えています。朝も夜も時間帯に関係なく、ほんの10分間、外気を取り込むだけでいい気分転換に。

そこにザ・ストロングがあることで、味だけではなく優れたデザインを眺めながら脳内をリセット。わずかな休憩時間を効率的に活用し、最高の気分転換ができたと感じました。

4. 失敗しても強炭酸水で瞬時に切り替え

003563

筆者も、大なり小なりの失敗を経験してきましたが、最近だとオンラインプレゼンでの失敗が頭に浮かびます。

新しい企画の提案をクライアントに行ったのですが、オンライン独特の雰囲気で意図を伝え切ることができず、落ち込みました。

「もっと準備していれば…。もっといい言い回しがあったのでは…」

そんなネガティブな気持ちが出てきたら、リフレッシュのタイミング。窓際に移動して、テンションの高い洋楽を大音量で聴きながら、気持ちを切り替えるようにしています。

大事なのはクヨクヨとせず、瞬時に切り替えて次の仕事に100%の力で取り組むこと。

今回はザ・ストロング」が手元にあったことで、強い刺激で気持ちをさらにリフレッシュ

音楽で気分を高めながら、強炭酸水で気持ちを切り替えるのは初めてでしたが、気持ちの切り替えがスムーズにできることを実感しました。

5. 自宅で深夜まで残業。ノンカフェインで乗り切る

003537

リモートワークでも、仕事が深夜にまたがることがあります。そんなとき、読者のみなさんは何を飲みますか?

筆者は今まで、子どもが寝静まった深夜を見計らって、インスタントコーヒーを淹れていました。

しかし、夜にカフェインを大量に摂取すると、仕事が終わってもなかなか寝つけません。加えて、アラサーにもなると、翌朝の胃の調子は最悪です。

同じように、この習慣を変えたいと思っている方がいるなら、深夜の飲み物を「ザ・ストロング」に切り替えてみてください。夜のカフェイン断ちをすることで、睡眠の質が上がり、翌朝の胃の調子も悪くなりません。びっくりしたのですが、体の調子がいい感じなんです!

また、肝心の眠気覚ましになるかどうかですが、答えはイエス。強力な炭酸の刺激は、眠気が襲ってくる深夜でも大活躍しました。

その際、より強い炭酸を感じたいなら、冷蔵庫でキンキンに冷やした状態にしておいてください。常温と比べると、炭酸の強さが明らかに異なります。

キンキンに冷えた「ザ・ストロング」は、眠たい目を擦りながら仕事をする人に活力を与え、遅い時間まで一緒に付き合ってくれる唯一無二の存在。

ノンカフェインで静かな夜を、大胆に乗り越えましょう。

「THE STRONG 天然水スパークリング」は五感に着目した強炭酸水

01THESTRONGSPK
サントリーTHE STRONG天然水スパークリング 510ml 108円(税込)

今回試したTHE STRONG 天然水スパークリング」は、味覚や嗅覚を刺激するサントリー天然水最強レベルの炭酸ガス圧を採用しています。口に含んだ瞬間から、強力な炭酸が口や喉をガツンと刺激します。

特に飲んで驚いたのは、炭酸の泡の質です。一般的な強炭酸水よりも、泡が細かいという印象を受けました。シャンパンのようなリッチで品のある気泡が口の中に広がり、高い満足感を得られます。これは思ってもいなかった、強炭酸水の新しい側面でした。

また、強炭酸水の腹持ちの良さとヘルシーな点にも注目。

水やコーヒーと比べると、明らかに炭酸でお腹が膨れるのがわかります。リモートワークでついつい、3時のおやつや夜食を食べて、健康管理ができていないという方。腹持ちが良くてカロリーゼロの「ザ・ストロングがおすすめです。

そのほか、バシュッという爽快な開栓音は聴覚を、氷をモチーフとした「バキバキボトル」は触覚を、クールなシルバーカラーは視覚を刺激。まさに、五感に訴えるという言葉にふさわしい強炭酸水です。

結論:新しい働き方に、新しいリフレッシュ方法を

ここ1年で半ば強制的に進められたリモートワーク。仕事と暮らしの境界線があやふやになり、見えないストレスを抱えている人も増えています。

思い描いていたリモートワークは、思っていたよりも窮屈だったのかもしれません。ただそれは「リフレッシュ方法がまだ見つかっていないだけ」とも言えそうです。

では、どうしたらリフレッシュできるのか?

答えはシンプルで「切り替えスイッチ」を手に入れること。つまり、「これをすれば気持ちが切り替わる。リフレッシュできる」というものです。

そして、筆者はザ・ストロング」が、その切り替えスイッチに最適だと実感しました。

どこで働いても、どんな時間帯でも、気軽に使える「切り替えスイッチ」はそうそうありません。家の中でも持ち運べて、五感を強く刺激する形状や音、口当たりを体感できる「ザ・ストロング」。世の中の全てのリモートワーカーに、新しいリフレッシュ方法として推薦します。

Source:THE STRONG 天然水スパークリング


swiper-button-prev
swiper-button-next