連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

Google Chromeのブックマークをバックアップしてエクスポートする方法

author 訳:春野ユリ
  • カテゴリー:
  • TOOL
Google Chromeのブックマークをバックアップしてエクスポートする方法
Image: MakeUseOf

Chromeのブックマークは、次々と保存していくうちに、だんだんガラクタをごちゃごちゃ詰め込んだ靴箱に放り込むような感じになって、どこにあるかわからなくなります。

保存されたリンク1つひとつが、ユーザーにとって貴重なWebの在りかになるかもしれません。ですから、Chromeのブックマーク、パスワード、その他のデータをエクスポートして、常にバックアップしておくことが重要です。

幸い、Chromeでは複数のブックマークを1つのHTML ファイルにバックアップして、デバイス間で自動的に同期することができます。

Chromeのブックマークのバックアップとエクスポートが手動でも自動でもどれほど簡単にできるか見ていきましょう。

ChromeのブックマークをHTMLファイルにまとめてバックアップする方法

Chromeでは、複数のブックマークの手動バックアップを簡単に作成できます。複数のブックマークが単一のHTMLファイルとして保存され、そのファイルを他のブラウザや別のChromeプロファイルにインポートできます。やり方は次の通りです。

ステップ1:Chromeを起動します。

ステップ2:Chromeの設定ボタン (右上の3つの点) をクリックします。メニューから 「ブックマーク」→「ブックマークマネージャー」と選択します。あるいは、ブックマークバーが表示されていたら、そのバーの任意の場所を右クリックします。

ブックマークマネージャーを開くChromeショートカットは、「Ctrl + Shift + O」です。

bookmark2
Image: MakeUseOf

ステップ3:ブックマークマネージャー」のウィンドウで、「管理」メニューボタン(右上3つの点) をクリックします。次に「ブックマークのエクスポート」を選択します。

bookmark3
Image: MakeUseOf

ステップ4:Chrome が「ファイルエクスプローラー」のダイアログボックスを開くので、ブックマークをHTML ファイルとして保存できます。

このファイルを使用して、インポートダイアログ画面からブックマークを別のChromeブラウザーまたは他のブラウザにインポートします。

bookmark4
Image: MakeUseOf

ステップ5:このChromeブックマークのHTMLファイルを、ドキュメントフォルダーなどの指定された場所に保存します。接続されたフラッシュドライブに直接エクスポートしたり、DropboxやGoogleドライブのクラウドに保存することもできます。

ブックマークマネージャーのメニューで「名前順」を選択して、エクスポートする前にブックマークを整理することもできます。

バックアップからブックマークを復元する

ブックマークを復元するには、前述のブックマークマネージャーのウィンドウからブックマークをブラウザにインポートし直す必要があります。

右上隅にある3つのドットをクリックし、「ブックマークをインポート」を選択します。

Chromeがファイルを「開く」というダイアログ ボックスを表示します。ブックマークのHTMLファイルに開いて選択し、「開く」をクリックしてブックマークをインポートすると、ブラウザがブックマークを復元します。

隠しフォルダーからChromeのブックマークをバックアップする方法

他にもChromeのブックマークを手動でバックアップする方法があります。Windows PCかmacOSで隠しフォルダーの場所を見つけるようにします。

次に、ブックマークファイルをChromeプロファイルフォルダーから別の安全な場所にコピーして貼り付けます。

やり方は次の通りです。

PCのユーザー データフォルダーを開きます。ここが、ブラウザプロファイル全体(ブックマーク、パスワード、拡張機能、および設定が含まれます)がデフォルトで置かれている場所です。

Windows (Windows10、8、7、およびVista)では、デフォルトの場所は以下のとおりです。

C:\Users\\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\Default

macOSでは、デフォルトの場所は次のとおりです。

Users//Library/Application Support/Google/Chrome/Default

どちらのパスでも、Your Username をコンピューターで使用するアカウント名に置き換えてください。

bookmark5
Image: MakeUseOf

Googleのセキュリティ設定改善のポイントと気を付けるべきこと

Windows 10でChromeのブックマークを手動でバックアップする

  1. Chrome ブラウザを閉じます。
  2. ファイルエクスプローラーに行き、「隠しアイテム」の表示を有効にします(「フォルダーオプション」→「表示」タブからも実行できます)
  3. Windows 10 のスクリーンショットに示されている上記のパスに移動します。
  4. ブックマークのファイルをコピーして別の場所に保存します。
  5. 復元するには、同じファイルをバックアップの場所からコピーして、「デフォルト」フォルダーに貼り付けます。

複数のChromeプロファイルがある場合

PCを共有している場合は、ユーザーがChromeプロファイルを個別に維持し、独自のブックマークのセットにすることをおすすめします。

ユーザデータフォルダーには、Chromeで作成する各プロファイルのフォルダーがあります。プロファイルが1つしかない場合、そのフォルダは上記のように「デフォルト」と呼ばれます。

複数のプロファイルがある場合は、ファイルエクスプローラーがプロファイル名のフォルダーを一覧表示します。

Bookmarks.bakファイルからChromeブックマークを回復する方法

bookmark6
Image: MakeUseOf

また、同じ場所に「Bookmarks.bak」という別のファイルがあることに気づくはずです。これは、ブラウザを最後に開いたときに作成されたChromeブックマークのファイルの最新のバックアップで、ブラウザの新しいセッションを起動するたびに上書きされます。

ブックマークのファイルが何らかの理由で消えたり破損したりした場合は、このバックアップファイルから保存したブックマークをすべて回復できます。「.bak」というファイル拡張子を削除して、バックアップファイルの名前を変更しましょう。

デバイス間でChromeブックマークを同期する方法

Googleアカウントは、デバイス間でブックマークやその他のブラウザ設定を同期するハブとして機能します。

複数のPCとAndroidあるいは iOSデバイスがある場合は、プロファイル全体を同期して、同期に含めたいものや除外したいものを選択できます。

ステップ1:Chromeを開き、「その他」→「設定」をクリックします。

ステップ2:Chromeで使用するGoogleアカウントにログインします。

ステップ3:You and Google」 に行きます。「同期とGoogleサービス」の小さな矢印をクリックします。

bookmark7
Image: MakeUseOf

ステップ4: 次の画面で、「同期の管理]」の矢印をクリックします。セキュリティを強化するための暗号化オプションを調べることもできます。

bookmark8
Image: MakeUseOf

ステップ5:Chromeプロファイルのすべてを同期する場合は、「すべて同期」のトグルを有効のままにします。

bookmark9
Image: MakeUseOf

ステップ6:特定のデータを同期したい場合は、「すべてを同期」をオフにし、リストの下の方にある同期したいプロファイル情報を有効にします。

オプションで、Chromeブックマークやその他の同期データを暗号化することができます。セキュリティを強化するために、Google アカウントのパスフレーズまたはカスタム パスフレーズでデータを保護しましょう。

データを同期するすべてのデバイスでChromeをインストールする際に同じパスフレーズを入力する必要があります。

複数のChromeプロファイルを使用している場合は、それぞれにサインインして、デバイスとGoogleアカウント間ですべてのデータを同期することができます。1つのデバイスでブックマークを紛失しても、同期するだけで復元できます。

厳選したブックマークを保存して定期的に管理する

ブックマークが無いとどれだけ困るかおわかりでしょう(ブックマークを保存していないブラウザで試してみてください)。

ブラウザのブックマークは、専用のブックマーク作成ソフトウェアを使用するよりも簡単にアクセスできます。ブックマークは厳選したものを保存するようにして、定期的に整理しましょう。

Original Article: How to Back Up and Export Google Chrome Bookmarks by MakeUseOf

swiper-button-prev
swiper-button-next