連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

特集−Stay Positive, Keep Going.

場所を取らず、ホームシアターを簡単に開設する3つのアイデア

author 訳:浅野美抄子/ガリレオ
  • カテゴリー:
  • TOOL
場所を取らず、ホームシアターを簡単に開設する3つのアイデア
Image: Berg Dmitry

コロナ禍で、映画館に行くよりも、自宅にホームシアターを作りたい人もいるのではないでしょうか?

以下では、場所を取らず、お金もかけずに、自宅で映画館のような雰囲気を楽しむ方法をご紹介しましょう。

1. 機器を選ぶ

大画面がお気に入りで、スペースに余裕があるなら、プロジェクターとスクリーンの購入を検討してみましょう。

たいていは簡単に設置できますし、プロジェクターを棚の上に置けば、手間暇(とお金)をかけて天井に取りつけなくても済みます。

私が使っているプロジェクターは小型で、薄い色の壁に投影しても問題なく視聴できるものです。

ですから、映像を映し出す壁を白く塗れば、スクリーンを買って取りつけるという、より複雑な工程を省くことができます。

そして、いつも白い壁を見続ける必要はありません。写真や絵をかけるだけにしておけば、映画を見るときに取り外せばいいので簡単です。

もちろん、一般的なテレビを利用してもかまいません。

Make Use Of」のMihir Patkarさんは、幅広い色と明るさが魅力の、4KとHDR(ハイダイナミックレンジ)の両方をサポートするテレビを選ぶよう勧めています。

何をスクリーンとして選ぶにせよ、どの窓にも必ず遮光カーテンを付けて、外の明かりが入らないようにしましょう。

音については、シンプルなサブウーファー(低音用スピーカー)が付いた通常のテレビ用サウンドバーがあれば、たいていの人は十分迫力のある音を楽しめます。

サウンドバーとサブウーファーで出力600ワットくらいのものもあり、Bluetoothに対応しているのが普通です。

2. 座席を配置する

機器を選んだら、次に大切なのは座席の配置です。

ソファやリクライニングチェアを並べて映画館のようにして、常にその配置にしておくのもいいでしょう(当然ですがこれは、映画観賞専用に使える広いスペースがある場合に限った選択肢です)。

あるいは、フレキシブルな空間にして、映画を観るときは映画館スタイルに椅子を動かし、観終わったらまたいつものリビングに戻すのもありです。

テレビ画面なり壁なりに集中できるよう、ホームシアター用のユニット式ソファを探すのもおすすめ。

Space Joy」では、機能性を保ちつつも、最高のシアタールームに模様替えできるインテリアデザインが提案されています。

3. お楽しみアイテムを用意する

映画館のロビーのように、壁に映画のポスターを貼ったり、古い小道具を飾ったりしてみてはどうでしょうか。

カップ入りポップコーンや、映画のチケット、キャンディなどの「ムービーナイト・キット」を買っても面白いものです。

映画館で売っているポップコーンがお気に入りなら、昔ながらのポップコーン・メーカーを手に入れることもできます。

70~250ドル(約7300~2万6000円)ですし、小型のものなら小さいテーブルの上に置けます。

もっと大きいものなら、高さ約120cmで、昔風の車輪がついたものもあります。

ただし、お手入れが面倒なのでご注意を。

あわせて読みたい

最もお金をかけるべきは? ホームシアターを安価に構築する8つのコツ

キッチンや寝室を映画館に! モバイルプロジェクター「Anker Nebula Capsule」|これ買ってよかった


Image: Berg Dmitry

Source: Space Joy, Foter, Make Use Of

Aisha Jordan - Lifehacker US[原文

swiper-button-prev
swiper-button-next