連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

最高の仕事と働き方を見つけるための面接ハック9つ

author ライフハッカー編集部 齊藤
最高の仕事と働き方を見つけるための面接ハック9つ
Image: Shutterstock

就職・転職活動が本格化する時期になってきましたね。

職探しにおいて、非常に大切な鍵となってくるのが面接。

限られた時間で、自分をアピールするだけでなく相手側がどのような企業であるかや、自分の価値観との相性などを見極めなければいけません。

今回はなるべく自分に合った仕事や働き方ができる職場に出会うために、面接時に気をつけておきたいことをまとめて紹介します。

少ない時間で自分をアピールするには

面接で話す内容に欠かせない「3つのストーリー」とは

面接や自己紹介で相手に伝わる上手なアピール、下手なアピールの違い

会社のリアルを知りたいならここをチェック

入社前に知っておきたい職場のリアル。面接でチェックすべき7つのこと

さりげなく会社や上司の価値観を聞き出す方法

採用面接で、会社と自分の価値観が一致するか確認する方法

就職面接で未来の上司が良い上司かを見抜くたった一つの質問

ビル・ゲイツならこう答える|面接でよくある質問

採用面接でよくある質問トップ3。ビル・ゲイツはこう答えた

有能な人材であることをアピールできる逆質問

立場を逆転させよ。採用面接で「何か質問はありますか?」と聞かれたら

「答えづらい質問」にうまく答えるには

嘘はつくな! 前職で解雇された事実を、面接でうまく説明するコツ

なんて答えればいい? 面接で答えに困った時の対処法

>>あがり症の人はこちらを参考に。

【まとめ】いざと言うときに効果的な「あがり症対策」9つ

立場上「審査される側」ですから、どうしても緊張してしまうもの。

「自分自身も企業側をジャッジしている(するべき)」という気持ちを忘れずに、良い職場と出会う努力をしていけたらいいですね。

Image: Shutterstock

あわせて読みたい

人事のプロ直伝!外資系企業への転職活動の面接で好印象を与えるコツ

ジェフ・ベゾスがAmazonで「社員採用」の基準とする3つのポイント

swiper-button-prev
swiper-button-next