連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

東京から地方へ。経営者で編集者・3児の父、佐渡島庸平さんが移住する理由

Sponsored By 住宅金融支援機構

東京から地方へ。経営者で編集者・3児の父、佐渡島庸平さんが移住する理由
Photo: 島村緑

どこで暮らすかは本来、自分や家族の幸せを優先して、自由に選択していいもの。

理想はあるものの、大抵の人が会社へ通勤しやすいとか、都心へのアクセスがいいなど、仕事を起点に住む場所を選択しているのでは。

それがこのコロナ禍で働き方が多様化したいま、必ずしも仕事を起点に住む場所を考える必要がないケースも出てきています。

すでに行動に移している人は多く、2020年10月には東京からの人口流出が転入者を上回ったそう。都市集中から地方移住の流れは加速しました。

でも、いざ移住しようとなると、地域選び、住まい、仕事、お金、教育など、さまざまな問題が頭をもたげてきます。

「住む場所で幸せの総量は変わる」

「住む場所で幸せの総量が変わる」というのは、経営者で編集者、そして3人の子どもの父でもある佐渡島庸平さん。いままさに家族で東京から福岡に移住しようと考えているひとりです。

そこで今回は、佐渡島さんがなぜ移住すると決めたのか、実際にどう移住を進めようと計画しているのか、お話を伺いました。

なぜ、移住するのか?

佐渡島庸平さんインタビュー
Photo: 島村緑

リモートワークの推進で“会社がある東京”から解放されると、住居費も高く、人もストレスも多い東京で暮らすメリットって…少ないのかもしれません。

一方で、地方移住を決意するだけの理由もなかなか見つけられず…現状維持が妥当なようにも思えてきます。

佐渡島さんは何をきっかけに地方移住を決意したのでしょう?

明確な理由…というより、意思決定の仕組みを変えました。

会社(大手出版社)を辞めるときもそうだったのですが、毎日当たり前にしていることをちゃんと考えて“選択”するようにしたんです。

この会社に居続けるのか辞めるのか、毎日会社に行くことが当然じゃないと意識してみる。

東京に住んでいることも、いままでは打ち合わせがすべてリアルだったので必然でしたが、その必然がなくなったときに自分は本当に東京がいいと思って住んでいるのか考えた。すると、仕方なく住んでいたということに気づいたんです」

さらに、夏に行った屋久島旅行で気持ちが動かされたといいます。

「屋久杉まで案内してくれた地元出身のガイドさんと接して、この人の方が心の中で感じる“幸せの総量”が多いじゃないかと感じました。

社会に対して成し遂げていることはもしかしたら僕の方が多いかもしれない。けれど、仕事よりも住む場所の方が幸せに与える影響が大きいと実感したんです」

移住を検討中だと記したnoteでも、膨大な情報が飛び交う東京の刺激を自然によって濾過したいと綴っています。

リモートワークだから移住?

佐渡島庸平さんインタビュー
Photo: 島村緑

しかし、実際に地方移住となると「仕事」と「家族」という2つの大きな課題が…。

とくに佐渡島さんは会社の代表で経営者。リモートワークが浸透してきているとはいえ、東京を離れるという決断は勇気がいるように思います。

「まず、会社を完全にリモート中心にすることに決めました。それは、時間の使い方が会社に左右されているより、自分の手元にある方が社員も幸せを感じやすいから

いままでは会社に対して能力や成果と給料を交換しているのではなく、出勤時間やコアタイムといった時間と給料を交換している感覚が強かったと思うんです。

でも、もっと自分のスキルとかアウトプットと給料を交換していった方が仕事は楽しくなるだろうし、それに応じて自分の時間をコントロールしていった方が幸せですよね。

いまは不便でもリモート中心でしっかりコミュニケーションが取れる会社・組織の仕組みをみんなで議論して作り上げて、幸せな人が多い会社にしたいです」

とはいえ、リアルに会うメリットは否定できないところ。

「もちろん、リアルな方が人とのコミュニケーションの方が密になることは重々承知。

でも、たとえば週末婚の夫婦が会っている時間をより大事にするように、毎日会っている人たちの方がじつはコミュニケーションが希薄になっていることってよくありますよね。

ただいっしょに居るというだけでは意味がなくて、“いっしょにいる時間をどう設計していくか”が重要。会社をリモート化するのは、コミュニケーションの設計にみんなが意識的になるためでもあります」

東京には庶務のために最低限のオフィスだけを残し、佐渡島さん自身もいまの家は引き払い、家族とともに完全移住。本当に必要なリアルな打ち合わせだけ、月に1度ホテル暮らしで集中して行う予定だそう。

移住で家族の環境を整える

福岡
Image: Gettyimages

働き方は、自分自身が工夫すれば何とかクリアできそうですが、もうひとつの壁である家族の問題は、相手のあることなのでなかなかハードルが高そう。

とくに子どもがいる場合、学校や教育環境についても考えなければなりません。

「住む場所を変えると考えたときに頭に浮かんだのが、“孟母三遷の教え”という中国の故事

孟子の母が子どものために住む場所を3回変えたという話なんですが、要は教育には環境が大切だということ。

じつは、以前住んでいたところで小学生の長男が不登校になり、評判のいい公立があると聞いて転校するためにいまの場所に引っ越したんです。

同じ23区内ですが、より都心に近づいたので僕が仕事をする上ではものすごく快適になった。

でもまた長男が不登校になって…。すると今度は次男も不登校になって、2人とも家にいるように。

自然の中で生きていれば何かしらの知恵がつくけど、部屋の中に籠っていても何の知恵もつかない気がして。

学校に行かないならせめて自然の中で危険ギリギリの遊びをする方が成長するだろうなと。

東京だと自然があるところに行くのに、1〜2時間はかかるじゃないですか。しかもどこも混んでいる。

結局、僕が息子たちにできるのって環境を整えることだけなので、だったらすぐ近くに自然のあるところに行こうと考えました」

移住先を福岡市にしたいと思ったのは、自然豊かなところまで30分ほどで行けるうえに、子どもたちがもし進学したいといったときにもさまざまな選択肢があるから。

「小学校受験もさせなかったし、中学校受験もさせるつもりはありません。本人がやりたいと言わない限りやらせない。塾もアクティブラーニングの塾しか行かせていません。

基本的に日本のいまの教育ってスキルを高める教育で、その過程で“変な能力”を鍛えることが全部殺されていってしまうと思うんです。

長男はずっとメダカを育てていて、『こう配させていつか新種を作りたい』ってYouTube見てはコメント残して大人と交流しています。

次男は『狩りがしたい』と、普段からよく虫とりや釣りをしています。だから一緒に釣りをしていた時に移住するって、伝えたらすごく喜んでいました。

長男はメダカをどうやって移動するか心配していましたけど」

地方だからできること、楽しみに期待!

佐渡島庸平さんインタビュー
Photo: 島村緑

コンテンツを作るという佐渡島さんの仕事上、市場が拡大する中国や韓国と近いということも福岡市を第一候補にする決め手になったそう。

「福岡空港から市街地まで至近距離でアクセスがよく、東京便もたくさん出ているし、中国や韓国への直行便も出ています。

それに、安くておいしいお店がたくさんある! 地方都市って意外とチェーン店の力が強いんですが、福岡は地元のお店が選べて、ちょっと入ったお店でもおいしいんです」

また、福岡市は国内外からスタートアップを誘致し、支援制度も充実しているため、政令指定都市のなかでも10代・20代といった若者の住む割合が高いことでも知られています。

仕事をする環境、恵まれた自然、豊かな食文化が揃った場所で、情報を断捨離しながら、少しのんびりと仕事をしていければといいます。

「知人たちが先陣として福岡に拠点を移していたことも影響を受けました。仕事をする時間はいまとあまり変わらないと思いますが、自然のなかで過ごす時間は増えるはず。

いまでも新宿御苑や緑の多い公園でビデオ会議をしています。やっぱり自然のなかだと気持ちいいし、思考が濾過されますよね。

環境が変わると考え方も変わるので、東京の刺激から離れ、普遍的な作品づくりをしていけたらと思います」

実際に行って計画を具体化する

佐渡島庸平さんインタビュー
Photo: 島村緑

そうして8月の屋久島旅行で心が動いてから9月に家族に想いを伝え、一家で福岡に視察に行ったのが10月。

「妻に最初に伝えたときは『また引っ越し!?』と多少イラっとしていましたが(少し前に同じマンション内で住まいをダウンサイジングしたばかりなのだとか)、福岡にいっしょに行って具体的な生活を想像するようになると一番乗り気になって。

いまでは物件情報をどんどん送ってきます。

家から自然が望める4〜5人向けのマンションを探していて、10月に行ったときはなかなか条件に合うところがありませんでした。

でもそのあとnoteを読んだ知り合いが不動産屋を紹介してくれたりして、近々また良さそうなところを見に行く予定です」

移住を考えていると発信したことで新たなつながりが生まれ、計画が進んだという佐渡島さん。

オンラインでの発信・情報収集は、地方移住を計画するうえで欠かせないポイントといえそう。

取材時の段階で「移住の実現度は90%」とのことで、今後の展開がますます楽しみです。


地方移住なら、住まい選びの視野が広がる

福岡市
Image: Gettyimages

地方移住を考えるうえで重要になるのが「住まい選び」と「お金」の問題。

「もし福岡で見つからなかったら思い切って別のところに行こうと考えたこともあったんです。物件を探したところ、4〜5人向けだと一軒家が多く、賃貸マンションでは選択肢が限られます」と佐渡島さん。

そう、地方では今より広い物件を探すのはもちろん、東京では手が届かないと思っていた環境に、“自分たちらしい家を買う”という選択も加わります。

住みたい地域で中古住宅・マンションを探して、住みやすくリノベーションしたり、新しく建てたりすることだって可能です。

地方移住に向けて具体化した計画を諦めないためには、時には思い切りも重要。いま使える住まいとお金の制度をうまく活用してスマートに新生活を始められたら。

現在、地方移住者への支援は毎日のようにニュースで取り上げられるほど注目されており、地方自治体を中心にどんどん広がっています。

マイホームの夢を叶える【フラット35】地域活性化型もそのひとつ。

【フラット35】地域活性化型とは

地域活性化を目的として、UIJターンによる移住などでの住宅取得をサポートする住宅ローンです。

住宅金融支援機構と連携する地方公共団体による補助金交付などの財政支援とセットで、最長35年の全期間固定金利の住宅ローンである【フラット35】の金利から、当初5年間、年0.25%の金利引下げを受けられる制度。

【フラット35】地域活性化型は、地方公共団体が住宅金融支援機構と連携している場合にご利用いただけます。金融機関へお申込みいただく前に、住宅を取得される地域の地方公共団体が住宅金融支援機構と連携していることをご確認ください。

詳しい要件などは【フラット35】地域活性化型のサイトをご確認ください。

先が見えない時代に住宅ローンを組むなんて不安と考える人にも、【フラット35】なら最長35年、全期間固定金利の住宅ローンだから借入時の金利がずっと続くので、安心して将来設計が立てやすい。(繰上返済も可能)

この先の人生設計も、お金の計画も、見通しがつきやすいところが一番の安心です。

さらに、【フラット35】地域活性化型を利用すれば、当初5年間、年0.25%の金利引下げになります。

たとえば、借入額3000万円で【フラット35】を利用した場合と、【フラット35】地域活性化型では、総返済額は約38万円もお得(※1)になります。

>> 詳しい試算はこちら

※1:【試算例】借入額3000万円(融資率9割以下)、借入期間35年、元利均等返済、ボーナス返済なし、借入金利年1.27%(※)の場合

【フラット35】地域活性化型との併用でメリットが増える

【フラット35】地域活性化型は、【フラット35】S(省エネルギー性・耐震性など、質の高い住宅を取得する場合に適用できる金利引下げメニュー)または【フラット35】リノベ(中古住宅の購入資金とリフォーム費をまとめて借入れでき、一定の要件を満たすリフォーム工事を行うことで金利を引き下げることのできるメニュー)との併用が可能です。

これら【フラット35】の様々なメニューを上手に組み合わせて、自分好みの住まい方をみつけてみては。

>>【フラット35】Sの詳細はこちら

>>【フラット35】リノベの詳細はこちら


環境を変え、仕事もプライベートも幸せの総量を増やすための移住計画

さらに家族がゆったり生活できる住まいが金額的にも無理なく取得できるとしたら、地方移住のハードルはますます下がりそうです。

佐渡島さんのお話を伺ってから、東京での暮らしが本当に気に入っているかどうか?自問自答する日々が続いています。自分や家族の幸せの総量が上がる場所・暮らし方、見つかるといいなぁ…。

佐渡島 庸平さん

株式会社コルク 代表取締役会長兼社長CEO/2002年講談社入社。週刊モーニング編集部にて、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)などの編集を担当する。2012年講談社退社後、クリエイターのエージェント会社、株式会社コルクを創業。著名作家陣とエージェント契約を結び、作品編集、著作権管理、ファンコミュニティ形成・運営などを行う。従来の出版流通の形の先にあるインターネット時代のエンターテイメントのモデル構築を目指している。


Source: 【フラット35】,【フラット35】地域活性化型,【フラット35】S,【フラット35】リノベ

Photo: 島村緑

Image: Gettyimages

佐々木彩子

swiper-button-prev
swiper-button-next