連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

Hack Your Style

これからのジーンズ選びは「サステナブル」な視点で。ジースターロゥ、パタゴニアなど厳選ジーンズ5ブランド

これからのジーンズ選びは「サステナブル」な視点で。ジースターロゥ、パタゴニアなど厳選ジーンズ5ブランド
Photo: 多田悟

かつてなくジーンズが安価に手に入れることができるようになった現在、頻繁に買い換える人も少なくないでしょう。

しかし、ジーンズの製造は環境負荷が高いことで知られ、その影響は多方面に渡ります。

それゆえ、まずはサステナブルを意識したジーンズブランドを知っておくことが重要です。

近年はさまざまなブランドがストレッチデニム生地などを開発し、ジーンズの穿き心地はずいぶんと改善されました。

さらに経年変化やディテールにおいてもジーンズらしさを楽しめる製品が増えた一方、あまりに当たり前の存在となり、どれを選んでもあまり代わり映えしないという状況に。

そこで、今着目すべき選択肢は、サステナブルな手法で製造されたジーンズであるかどうかということ。

ジーンズ生産においては、染色や加工段階で大量の水や薬剤を使用し、環境負荷の高いアイテムであることが指摘されているからです。

新しい服を買う度に、地球環境に負担をかけてしまうというのでは、やっぱりいい気がしません。

穿き心地もシルエットも良く、これからも長く付き合えるジーンズを、サステナブルな手法を駆使する人気ブランドから選んでみました。

持続可能性に挑み続けるジースターロゥの「3911 アラム ジーンズ」

200924_36215
Photo: 多田悟

2000年代初頭に巻き起こったセレブジーンズブームによって、数多くの海外ジーンズブランドが日本に上陸しましたが、残ったブランドはほんのわずか。

オランダはアムステルダムで1989年に創業した「ジースターロゥ」は、世界的な成功を収めながらも、ジーンズの未来を見据えて成長し続けてきた稀有なブランドです。

現在のようにジーンズ製造が環境へ与える負担をかなり早い段階から意識し、海洋廃プラスティックをリサイクルした素材など、持続可能なジーンズ製造を実践してきました。

腰回りに程よく余裕があり、テーパードシルエットが特徴のモデル「3911 Alum Relaxed Tapered Jeans」にも、環境負荷が極めて低い“キール デニム オーガニック 2.0”という素材を採用。

改善を経て3代目となるこのデニムは、土壌を汚染する農薬や肥料を使用しないオーガニックデニムを主原料としています。

また、染色においてもインディゴ使用量を15%、化学薬品の使用量を70%まで削減しました。この環境負荷の低い染色方法を8回も繰り返すことで、日焼けしたような絶妙な色合いを表現。

ジーンズらしいタフさを残しながらもやわらかい11.5オンスの生地も、これからの季節にちょうどいいはず。

3911 Alum Relaxed Tapered Jeans価格2万円/ジースター ロゥ

「クオリネスト×ジャパンブルー」の“サステナブルデニム”はユニセックス仕様

200924_36210
Photo: 多田悟

“これまで経験・体験したことのない新たな快適”というコンセプトを掲げる新鋭セレクトショップが、「クオリネスト」

そして、ジーンズの聖地・岡山県児島を拠点に、“MADE IN JAPAN”の価値あるジーンズを世界に発信し続けているブランドが、「ジャパンブルー」です。

クオリティとオリジナリティという点で共鳴した両者の協業によって生み出された、サステナブルでジェンダレスなジーンズがこちらの「Quorinest別注/Q01 サスティナブルデニム 」です。

オーガニックコットンやリサイクルレザーを採用し、実現した染色工程においてはCO2削減を実現。

オーセンティックな5ポケットのデザイン、経年変化が楽しめるセルヴィッジデニムなど、ジーンズ本来の骨太さはそのままに、見た目も作りもクリーンに仕上げています。

また、トレンドに左右されにくいストレートシルエットで、24インチから34インチまで2インチ刻みで展開。選ぶサイズ次第でさまざまな楽しみ方ができます。

Quorinest別注/Q01 サスティナブルデニム価格1万8000円/クオリネスト

リラックス感が今っぽい、オブレクトの「フレンチベイカーパンツ」

200924_36211
Photo: 多田悟

「オブレクト」は、人と環境に優しいモノ作りを掲げ、ベーシックに程よくトレンドを取り入れたアイテムを得意とするブランドです。

「FRENCH BAKER PANTS 」は同ブランドの定番素材であるリサイクルバイオインディゴデニムを使用したベイカーパンツ。

フランス軍のベイカーパンツをデザインソースとし、股上が深く、太めのシルエットとスラントポケットが特徴です。

程よい色落ちのインディゴブルー、膝や裾の自然なアタリにもご注目。

いつものスウェットやニットを組み合わせるだけで、今っぽいリラックスムードの着こなしが楽しめる1本です。

また、“グローバルリサイクルスタンダード(=GRS)”認証も取得したこのデニム生地は、環境と人体に有害な化学物質を使わず、天然植物から抽出した植物染料を使用。

さらに裁断後の残布や糸屑もバイオ技術を用いて、天然燃料と有機肥料へと再生させていることにも注目です。

FRENCH BAKER PANTS価格1万4000円/オブレクト

サステナブルを牽引し続ける「パタゴニア」の美脚で機能的なジーンズ

200924_36217
Photo: 多田悟

世界的に知られるアウトドア企業であり、創業当初から自然環境とコミュニティの保全に取り組んでいる「パタゴニア」

多くの機能性ウェアに用いられる撥水加工で使用される、人体や環境に有害な化学物質を削減するほか、リサイクル素材を積極的に採用するなど、サステナブルの分野におけるパイオニアでもあります。

それゆえ、こちらのデニム「メンズ・パフォーマンス・ストレート・フィット・ジーンズ (ショート)」にもサステナブルな製造手法とアウトドア企業らしい機能性を取り入れています。

“クールマックス”を採用した、オーガニックコットンとT400・ポリエステルの混紡素材は、やわらかい肌触りで吸湿発散性耐候性を備え、フィット感が持続。

ジーンズ本来のタフさとやわらかさを両立させたミドルオンスの生地は、ストレッチ性もあるので穿き心地も抜群なのです。

“フェアトレード・サーティファイド”と呼ばれる縫製工程を取り入れ、製造工場とそこで働く人々のコミュニティを支援していることもポイント。

メンズ・パフォーマンス・ストレート・フィット・ジーンズ (ショート)価格1万5500円/パタゴニア

ファストファッションと侮るなかれ!「COS」のオーガニックコットン・ストレートジーンズ

200924_36214
Photo: 多田悟

先端トレンドを低価格で楽しめるファストファッションブランドが、年代や性別を超えて愛されているのは周知の通り。

その反面、製造現場へ低賃金・長時間労働を強いることや、大量廃棄されることが長年問題視されてきたことも確かです。

こうしたビジネスモデルからの転換を図るため、最近になって多くのブランドがサステナブルな製造手法に取り組みはじめました。

H&Mグループから生まれ、ファッション感度の高い人たちから支持されている「COS」(コス)もそのひとつ。

「STRAIGHT ORGANIC COTTON JEANS」は、環境負荷の低い純オーガニックコットンを使用した、少しゆとりを持たせたストレートシルエット。

リベットを排したミニマルなデザインとスリムフィットが、都会的でクリーンな着こなしを完成させてくれます。

同グループでは、2030年までに100%リサイクル、リユース、サステナブルな素材への転換を目指しており、今後にも期待大ですね。

STRAIGHT ORGANIC COTTON JEANS価格1万2273円/COS

***

もっともベーシックな濃紺ストレートなら、「クオリネスト×ジャパンブルー」か「パタゴニア」を、リラックス感のある淡いインディゴを楽しむなら「オブレクト」か「COS」を、今っぽい美脚テーパードシルエットなら「ジースターロゥ」がおすすめ。

新型コロナの影響によって、ファッションビジネスの根幹が問われる中、サステナブルな生産背景を持つブランドであることはもはや欠かせない要素になっています。

環境負荷の高いジーンズを選ぶときこそ、我々自身が目線を変えてみることが重要になるはず。

ワンシーズンで終わらせるのではなく、これから先も長く使える1本を探してみてはいかがでしょう。


街でもアウトドアでも! 使い回し力抜群のトレッキングパンツ5選

着心地・動きやすさを計算してデザインするパンツ専業ブランド|人気作コーデ3パターン

季節の変わり目こそ見直そう! 厳選メンズアンダーウェア


Photo: 多田悟

Source: ジースター ロゥ, クオリネスト, オブレクト,パタゴニア,COS

構成・文/川瀬 拓郎 、スタイリング/仲唐 英俊、編集/庄司 真美

swiper-button-prev
swiper-button-next