連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

Chromium版Edgeが勝手にアプリをインストールしてしまう時の対処法

  • カテゴリー:
  • TOOL
Chromium版Edgeが勝手にアプリをインストールしてしまう時の対処法
Image: Dennizn/Shutterstock.com

Chromium版Edgeは、Windowsにおける信頼できるGoogle Chrome代替ブラウザとして展開されましたが、Microsoftが旗色を変えるのにそう時間はかかりませんでした。

今やEdgeは、ユーザーに要求せずに、パソコンにMicrosoft製品をインストールするためのブラウザのようです。

パソコンやスマホに最初からインストールされているソフトが好きじゃない、という人は多いでしょう。

もちろん、中には価値のあるアプリもありますが、ほとんどが容量を占めるだけで、完全に削除できない場合もあります。

他よりひどいアプリの会社もありますが、MicrosoftはWindowsに余計なソフトを入れることで悪名高いです

そして、最新のChromium版Edgeを評価している「Windows Insiders」によると、許可なくMicrosoft OfficeのWebアプリをインストールしているものがあることがわかりました。

そのような報告は、今のところWindows Insidersからしか出ていませんが、このようなバックドアのインストールがリリース初期のバグである可能性は低いです。

また、これはMicrosoftだけの問題ではありません

たとえば、Chromeも何の通知もなくGoogle Docsや他のG Suiteアプリをインストールすることが可能です。

しかし、Chromeと違って、Chromium版Edgeは予めインストールされている、OSのデフォルトのブラウザです。つまり、望んでもいないのにOfficeのアプリが入っているユーザーもいるかもしれないということです。

勝手にインストールされたアプリを削除する方法

ただ、朗報としては、このようなWebアプリ版のMicrosoft Officeは簡単に削除できます。

  1. コントロールパネルを開く(スタートメニューで検索してもOK)
  2. プログラム」の下にある「プログラムのアンインストール」をクリックする
  3. プログラムの一覧から削除したいアプリを選び、「アンインストール」を選ぶ
  4. 画面の指示に従って処理を完了し、削除したいアプリ毎に上記の手順を繰り返す

Chromium版Edgeが密かにインストールしているアプリを削除するのは簡単ですが、オプションであるべきではありません。Microsoftは考えを改め、少なくともユーザーに拒否できる選択肢を与えて欲しいところです。

それ以外の点では、Chromium版Edgeは、Chromeのようなリソースを大量に使うブラウザのかなりいい代替ブラウザです。

ただ、余計なものなしで、ブラウザだけを使わせて欲しいのです。

あわせて読みたい

Windows 10からMicrosoft Edge(Chromium版)をアンインストールする方法

Windows 10の最新アップデート「20H2」で確認したい6つのポイント


Image: Dennizn/Shutterstock.com

Source: Windows Latest

Brendan Hesse - Lifehacker US[原文

訳:的野裕子

swiper-button-prev
swiper-button-next