連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

スマートプラグで自宅を自動化する方法

  • カテゴリー:
  • TOOL
スマートプラグで自宅を自動化する方法
Image: RaspberryStudio/Shutterstock.com

日常生活を自動化するためにスマートプラグを購入。それは、素晴らしい決断です。ただし、スマートプラグを使うには、事前にWi-Fi経由でセットアップする必要があります。

スマートプラグのセットアップや使用方法は、思っているほど難しくありませんが、スマートプラグを最大限活用できるように、その手順を解説します。

スマートプラグとは?

スマートプラグは、電源コンセントに差し込み、デバイスに電力を供給するのに使うごくふつうのプラグです。ただ、このプラグがスマートになっています。

スマートプラグと呼ばれる理由は、スマートフォンからアプリを使って制御できるからです。スマホからプラグを手動でオン/オフしたり、タイマーをセットしてオン/オフを切り替えたり、スケジュールを設定することができます。

もっとも、こうしたスマート機能はあくまでオプションです。スマートでない通常のプラグとして使うこともできます。

1. スマートプラグをセットアップする方法

スマートプラグを使うために、物理的な操作は必要ありません。多くのスマートプラグは、Smart Lifeと呼ばれるアプリを使ってセットアップやオプション設定を行うことができます。

専用アプリがあるスマートプラグでも、Smart Lifeが使えます。Smart Lifeはユニバーサルなアプリであり、さまざまなスマートプラグに対応しているからです。

以下に、Smart Lifeを使ってスマートプラグをセットアップする方法を解説します。

1. Smart Lifeアプリ(無料)の最新バージョンを、AndroidまたはiOSデバイスにインストールする。

2. アプリを起動し、ユーザーアカウントを登録する。接続するデバイスはこのアカウントに同期される。

3. アカウントを登録したら、右上隅にあるプラス記号をタップして、スマートプラグをアプリに追加する。

4. 右側にある[手動で追加]> [電気製品]>[コンセント(Wi-Fi)]をタップする(Wi-Fi対応のスマートプラグの場合)。

5. Wi-Fiネットワークを選択し、パスワードを入力して、[次へ]をタップする。

6. スマートプラグを電源コンセントに接続し、プラグの[電源]ボタンを長押しする。ボタンのライトが点滅する。

7. アプリがプラグをスキャンし、追加するのを待つ。

8. スマートプラグの名前を入力し、[保存]をタップする。

これでスマートプラグの機能を使う準備は整いました。

2. スマートプラグの機能を使う

スマートプラグをSmart Lifeアプリに接続すると、アプリを使ってプラグのすべての機能を制御、管理することができます。 以下に、スマートプラグの一般的な機能の使用法を解説します。

1. スケジュールの設定

スケジュール機能を使うと、指定した時間に繰り返しスマートプラグをオン/オフすることができます。

これは、毎日一定時刻になったらオンとオフを切り替えたいデバイスがあるときに便利です。

スケージュールの設定方法:

1. Smart Lifeを起動し、スマートプラグをタップする。

2. [スケジュール]>[追加]で新しいスケジュールを作成する。

3. 時刻を指定し、必要があれば繰り返しの設定を行い、[電源]メニューでオンかオフを選択し、[保存]をタップする。

これでスケジュール設定が有効となりました。

2. タイマーを使う

タイマーを使うと、指定した時間が経過した後にプラグをオンまたはオフにすることができます。指定時間が経過すると、プラグがオンの場合はオフに、オフの場合はオンになります。

タイマーの設定方法:

1. Smart Lifeアプリでスマートプラグをタップする。

2. 下部のメニューから[タイマー]を選択。

3. プラグのオン/オフを切り替えるまでの時間を指定し、[OK]をタップする。

スマートプラグで毎日のタスクを自動化する

スマートプラグは素晴らしいデバイスであり、さまざまな用途に使うことができます。以下に、 スマートプラグを使用して毎日のタスクを自動化するアイデアをいくつか紹介します。

1. スマートフォンがフル充電になったらスマートプラグをオフにする

スマートフォン(またはそのほかのデバイス)がフル充電になるとスマートプラグが自動的にオフになるように設定できます。

まず、そのスマートフォンの充電時間を把握する必要があります。時間がわかったら、スマホの充電が完了する時間にスマートプラグがオフになるよう、タイマーをセットします。

2. 帰宅時に料理ができているようにする

電気クッカーを使っているなら、スマートプラグに接続して、自由なタイミングで電源をオン/オフできます。たとえば、オフィスにいる間に、夕食の準備を始めることも可能です。

オフィスを出るときに、スマートプラグに接続されているクッカーを、アプリ経由でオンにするだけ。帰宅したときに、できている料理をすぐに食べることができます。

一定のスケジュールに沿って生活している人は、タスクを自動化して、指定時刻にクッカーのオン/オフを切り替えてもいいでしょう。そうしておけば、いつでもできたての温かい食事を楽しむことができます。

スマートプラグで電化製品をスマート化する

スマートプラグを使って、自宅やオフィスにある電化製品をすべてスマート化することも可能。そうすれば、スマートフォンアプリを使って、世界のどこからでもそうした電化製品を制御できます。

スマートフラグでもっと多くのタスクを自動化したい場合は、IFTTTに接続しましょう。IFTTTホームオートメーションレシピを使えば、毎日の生活をさらに快適にすることができます。

あわせて読みたい

Wi-Fiスマートプラグで、手軽にスマート家電生活を始める方法【今日のライフハックツール】

プログラミングが学べて、実用的なIoT製品が作れる一石二鳥のプログラミングキット【今日のライフハックツール】


Image: RaspberryStudio/Shutterstock.com

Original Article: How to Set Up a Smart Plug For Home Automation by MakeUseOf

訳:伊藤貴之

swiper-button-prev
swiper-button-next