連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

YouTube中毒から抜け出すために活用すべきアプリ設定方法

  • カテゴリー:
  • TOOL
YouTube中毒から抜け出すために活用すべきアプリ設定方法
Image: NiP STUDIO / Shutterstock.com

この時期、「あともう1本だけ」が毎晩の決まり文句みたいになっています。

快適な睡眠が大事なのと同じくらい、夜ふかしの私にとって、YouTubeでどうしても見たい最後の1本を見ることは、もっと大事なのだと気付かされています。

そして、その後で関連動画をもう1本見るかもしれません。外出自粛の生活では、YouTubeで膨大な時間を無駄にすることがありますが、YouTubeにはそんな誘惑を減らせる設定がいくつかあります。

YouTubeを見ないように仕向ける

一番簡単な方法は「もったいない」という気持ちを利用することです。

AndroidやiOSのYouTubeアプリを起動し、右上隅にある自分の顔(もしくはプロフィール画像)をタップし、「視聴時間」をタップします。見たくないものを見る心の準備をしてください。

視聴時間のグラフ
Screenshot: David Murphy

う…、これについて語るのはやめましょう。

ただ、この便利なグラフを見れば、YouTubeで他人のかわいい犬猫動画を見るのに、どれほど自分の貴重な時間を無駄にしているか、という事実を突きつけられます。

これで取り憑かれたように動画を見るのを止められるのであれば、あなたは意思の強い人だと思います。敬服します。私(とそれ以外人たち)にはもう少し他の助けが必要です。

YouTubeのやさしいリマインダーを使う

iOSの場合、プロフィール画像をタップした後の画面を少し下にスクロールし、「設定」をタップすると、「休憩をリマインドする」というメニューがあります。

それを有効にすると、どのくらいの頻度でリマインドするか時間を聞かれます。

youtube_time0601
Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部

「通知」の設定で「音とバイブレーションの無効化」を有効にしていれば、YouTubeを好きで見ている時にも邪魔されないようにできます。

しかしこれでは、YouTubeスパイラルにハマっていても、就寝しようとしている時間の10分前に通知がくるわけではありません。

通知のダイジェスト配信

通知のダイジェスト配信」を有効にすると、定期的にアプリから通知がくるのではなく、1日の通知をまとめてくれ、自分の都合のいい時に見ることができます。

理想としては、この配信時間を就寝時間の1時間前ではなく、午後のどこかの時間にしておくといいと思います。

YouTubeに就寝時間を教えてもらう

私のiOSやAndroidのバージョンのYouTubeにはこの機能はないのですが、YouTubeには新しい「おやすみ時間の通知」機能があります(ベータ版の機能ではありません)。

この機能を有効にすると、毎日自分の設定した時間に、もうYouTubeをやめて寝た方がいいという通知が来ます。当然ながら、この通知はスヌーズできたり、動画の再生が終了してから表示したりできます。

正直言って、Googleが「今すぐアプリを使うのをやめましょう」なんて通知する機能を提供するとは驚きでしたが、感謝しています。

実際に使ってみないと、どれほど効果があるのかはわかりませんが、就寝時間を知らせるのは間違いなく素晴らしい方法だと思います。

1時間もある誰かの動画を見るのに忙しいので、自分で時計を見て、就寝時間を1時間も過ぎていると気づくよりは、はるかにいいはずです。

あわせて読みたい

YouTubeの再生履歴を一括削除する方法

YouTubeの音声だけ再生するChrome拡張機能。広告なしでサクサク音楽が聞ける

YouTubeの「あなたへのおすすめ」を削除・非表示にする方法


Screenshot: David Murphy,ライフハッカー[日本版]編集部

Image: NiP STUDIO / Shutterstock.com

David Murphy - Lifehacker US[原文

訳:的野裕子

swiper-button-prev
swiper-button-next