連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

IH&直火で使えて保温も可能な電気鍋。1台で手軽にいろいろな料理が作れる

roomie

  • カテゴリー:
  • TOOL
IH&直火で使えて保温も可能な電気鍋。1台で手軽にいろいろな料理が作れる
Image: Amazon.co.jp

ROOMIEからの転載

外出自粛生活で悩むのが、毎日の献立と料理。きちんとしたものを食べたいけれど、3食作るのは大変だから、手間なくこなしたいものです。

いま、1台で複数の調理方法に対応できる「調理家電」のブームが来ているのも納得ですね。

そんな調理家電として、オススメの鍋がありますよ。

1台で煮る・焼く・蒸す・炊くができる電気鍋

Image: Amazon.co.jp

山善の「電気グリル鍋」は、煮る・焼く・蒸す・炊くといったさまざまな調理ができる!ということで高評価を集めている鍋。

サイズは直径20cm × 深さ7.5cm、容量が約2.2Lとコンパクトですが、かなり仕事ができるアイテムのようです。

Image: Amazon.co.jp

まずは電源に繋げば、電気調理鍋として使えます。煮込み料理は安全に調理をお任せできるし、食卓に置いて、料理を作りながら食べるのもいいですね。

また、ガスコンロで直火で調理もできますし、IHにも対応! 使いたいシーンに合わせて柔軟に活用できます。

たとえば、キッチンのコンロで調理した鍋をそのまま食卓に置いて、保温させながら食べることも可能です。

細かい温度調整&水蒸気が逃げにくいから美味しい

Image: Amazon.co.jp

鍋本体の温度調節は、レバーひとつで簡単に設定できます。

約80度(保温)~220度までという幅広さで、お鍋の状況や作りたい料理に応じて温度を変えられますよ。

Image: Amazon.co.jp

また、水滴をつきにくくするための工夫として、フタの内側に凸凹が施されています。

さらに水蒸気が逃げにくい構造なので、蒸し料理はもちろん、無水調理も可能。いつもよりワンランク上の仕上がりが期待できそう!

内鍋が外せて洗いやすい

Image: Amazon.co.jp

洗いやすいのもポイント。本体外側の電気カバーから、内鍋は取り外すことが可能

IH調理器やガスコンロで直火にかけるときは内鍋のみで調理して、そのまま丸洗いできます。後片付けも手軽にできそうですね。

Image: Amazon.co.jp

カラーは、マットブラックとマットホワイトの2色をラインナップ。シンプルなデザインなので、棚に出しっぱなしでもオシャレ感たっぷり。

電気グリル鍋」があれば、効率良く料理がこなせそう。レパートリーも増えて、料理の時間が楽しくなるかもしれませんよ。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

Image: Amazon.co.jp

Source: Amazon.co.jp

小池田

swiper-button-prev
swiper-button-next