連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

車のドリンクホルダーに収まるコンパクトで多機能な加湿器。10時間続けて稼働が可能

  • カテゴリー:
  • TOOL
車のドリンクホルダーに収まるコンパクトで多機能な加湿器。10時間続けて稼働が可能
Image: Amazon.co.jp

寒い時期は暖房器具が欠かせませんね。しかし、ただでさえ乾燥している空気が、より乾燥してしまいます。

よって、加湿器もこの時期は必須。のどの痛みや肌の乾燥、インフルエンザへの対策など、湿度をキープしておくのは重要です。

そこで、車載にも最適な、どこでも使えそうな加湿器をご紹介します。

長時間稼働できる

Image: Amazon.co.jp

ShiryLzeeの「超音波式加湿器」は、サイズ7cm×7 cm×15.1 cm 、重さ約165gのコンパクトな加湿器。

230mlの容量で、断続モードでは10時間連続モードでは5時間の運転が可能です。

これなら、仕事を中断して水を入れる必要はなさそう。また、断続モードなら寝る前にセットしておけば朝まで加湿をしてくれます。それに、水がなくなると自動でストップする空焚き防止機能がついていて安心です。

さらにUSB給電式なので、さまざまな所に持ち運びやすい使い勝手の良さが魅力。

車の中にスッキリ設置できる

Image: Amazon.co.jp

車載するのにピッタリなデザインなのもポイント。

室内だけでなく、車の中も乾燥しますが、対策を怠りがちではないでしょうか。この加湿器なら、ドリンクホルダーにスッキリ収まってくれそう。

暖房を使う季節だけではなく、例年2月には始まる花粉症の対策にも良さそうですね。

うるさくない

Image: Amazon.co.jp

動作音は35dB以下の消音設計なので、音を気にせずぐっすり眠れそうです。

また、超音波式で熱くならないので、お子さんやペットがいるご家庭でも安心して使えるでしょう。

7色に変わるLEDライト搭載

Image: Amazon.co.jp

さらに7色に変えられるLEDライトが搭載されており、間接照明として使うのもアリですね。気分に合わせて色を変えればリラックスできそう。

これで1,000円台なんて、コスパが良いのではないでしょうか。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

Image: Amazon.co.jp

Source: Amazon.co.jp

島津健吾

swiper-button-prev
swiper-button-next