連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

形崩れしないホイップクリームの作り方。秘訣はある材料を入れるだけ

  • カテゴリー:
  • TOOL
形崩れしないホイップクリームの作り方。秘訣はある材料を入れるだけ
Image: carlosdelacalle/Shutterstock.com

出来立てのホイップクリームは、驚くほどいろいろなものに使える完璧な食品です。

そんなホイップクリームにひとつ欠点があるとすれば、食べる直前にホイップしなければならないということです。

この欠点は、普段ならたいしたことはありません。けれども、パーティーの当日となると話は別です。みんながうろつき回ってパイはまだ? と聞いてくるなかでミキサーを必死で探すのは、ただでさえ混乱した状況をさらに悪化させます。

そこで重宝するのが、ダレにくいホイップクリームです。ゲル化剤や増粘剤を加えると、水が分離したり溶けたりしなくなるので、ふわふわでクリーミーな状態がずっと持続するホイップクリームを作れるのです。

脱脂粉乳でホイップクリームをフワフワに

本職のケーキ屋さんはゼラチンでホイップクリームの状態を安定させますが、もっと安くて、簡単で、どこにでも売っているものでも代用できます。

脱脂粉乳です。

たんぱく質が多く含まれているので、ホイップクリームの角をぴんと立てておくのを助けてくれます。それにこれなら、ゼラチンとちがって、ベジタリアンの人でも大丈夫です。

作り方

レシピはとても簡単。

まずは、乳脂肪率が最も高い「ヘビー」クリーム、または「ホイップ用」クリームを必ず買ってください。

そして、冷蔵庫で冷やしたヘビークリーム1パイント(約0.5リットル)に対して、大さじ1杯の脱脂粉乳を用意します。

どのブランドの脱脂粉乳でもかまいません。

砂糖とバニラ(どちらか一方でもOK)といっしょに脱脂粉乳をヘビークリームに加え、いつもと同じように泡立てます。

これで、前日に作っても、その日の朝に作っても、デザートや夜食のパイの時間まで形が崩れない、すぐに絞り出せる濃厚なホイップクリームの出来上がりです。

あわせて読みたい

入れるだけ! レモン風味なホットケーキのレシピ・作り方

2時間かけて抽出する水出しコーヒーサーバーで、QOLを高める【今日のライフハックツール】

普通のスクランブルエッグに飽きたら、みりんを加えて和風にアレンジ


Image: carlosdelacalle/Shutterstock.com

A.A. Newton - Lifehacker US[原文

訳:ガリレオ

swiper-button-prev
swiper-button-next