連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

Tiny hack

1個しか卵を使ってないのに目玉焼きを2つつくる方法

1個しか卵を使ってないのに目玉焼きを2つつくる方法
Image: James Pearsell/Shutterstock.com

子どもから大人までを魅了する食材である「」。

焼いても、茹でても、蒸しても、生でもおいしい。これぞ神食材と呼んでも過言ではないはず。

そんな私も「たまごラバー」の1人ですが、好きが高じてある小さなハックを発見してしまいました。

卵1個だけで目玉焼き2つできた

黄色の背景に置かれた1つの卵
Image: 1exey/Shutterstock.com

えっ…?と思われるかもしれませんが、本当です。

その秘密は、「冷凍した卵」を使うこと。こんな小さなひと工夫で魔法のようなことができてしまうとは!

今回紹介するタイニーハックは、きっと試してみたくなる・人に教えたくなること間違いなしですよ。

冷凍した卵で目玉焼きをつくってみる

早速つくってみよう! ということで、一晩冷凍庫に入れておいた卵を取り出してみると、殻にひびが。

殻にひびの入った冷凍卵
冷凍した卵のほとんどにこうしたひびが入っていた。
Photo: ライフハッカー[日本版]編集部

いくつか卵を冷凍してみましたが、ほぼすべてにひびが入っていました。冷凍するときは、念のためフリーザーバッグなどに入れておくといいかもしれません。

でも、この割れ目から殻をむくことができるので正直便利です。

殻がむきにくい場合は、流水を割れ目に当てるようにかけると、卵が少しとけてむきやすくなりました。

冷凍した卵はこんな感じ

殻をむいた冷凍卵
殻をむいた冷凍卵
Photo: ライフハッカー[日本版]編集部

なんだかエイリアンの卵みたい…見た目はまったくおいしくなさそう。

触ってみると、周りはぬるぬるとしています。

握ってみても氷のようにカチカチに固いというわけではなく、でもぶよぶよしていることもなく、しっかり凍っているのがわかる感じ。

ただし、先ほども書いた通り水にぬらしたり、しばらく手に持っていたりするとすぐに周りからとけはじめます

ということは時間との勝負! さっさと卵を2つに切ってしまいましょう。

切ってみると…

冷凍卵の断面
冷凍卵の断面
Photo: ライフハッカー[日本版]編集部

包丁がぐにゅう~っと卵に入っていき、まるで固いゴムを切っているかのよう。

断面を見てみると、意外にも黄身がキレイにしっかり中央にきています。たまたまかと思いきや、ほかの卵も同じように凍っていました。

半分に切ったときどちらかに黄身が偏ってしまうかな、と心配していましたが、これは優秀。

冷凍した卵はこう焼けていく

冷凍卵が焼けていく過程:その1

半分に割った冷凍卵をフライパンにのせたところ
フライパンに並べた冷凍卵。まだ火を通していない状態。
Photo: ライフハッカー[日本版]編集部


冷凍卵が焼けていく過程:その2

周りのふちから溶け出していく冷凍卵
Photo: ライフハッカー[日本版]編集部


冷凍卵が焼けていく過程:その3

徐々に白身が溶け出していく様子
白身がとけていく様子がわかる。
Photo: ライフハッカー[日本版]編集部


冷凍卵が焼けていく過程:その4

徐々に白身が溶け出していく様子
Photo: ライフハッカー[日本版]編集部


冷凍卵が焼けていく過程:その5

黄身が解けはじめた様子
Photo: ライフハッカー[日本版]編集部


つくり方は普通の目玉焼きと同じ。フライパンに油をしいたら、切った冷凍卵の断面を下にしてフライパンに並べましょう

上の写真を見ていただくとわかる通り、焼いていくと周りの白身から徐々に卵がとけていくのがわかります。

ふつうの目玉焼きと違って「とかす」過程が加わるので、卵が焼けるまでいつもより少し時間がかかりました。

何度か試してみた結果、

  • フライパンにふたをする
  • 少量の水を入れる

の2つはマスト。

ふたをしないで焼くと、いつまでたっても黄身がとけず、焼き続けた結果白身が焦げてしまいました。

また、水を入れて蒸し焼きにした方が早く黄身に火が通るうえ、白身を焦がす確率もグッと下がります。

いつもより少しミニサイズの目玉焼き

冷凍した卵でつくった2つの目玉焼き
Photo: ライフハッカー[日本版]編集部

2つに割っているので、通常の目玉焼きより白身の部分が少なくミニサイズ。これはこれでなんかかわいい

しかも卵1個だけで目玉焼きを2つも食べられるなんてちょっと得した気分です。

普通の目玉焼きとして食べてもいいですが、白身の部分が広がらずにコンパクトに成形できるので、ハンバーガーやサンドイッチをつくるときのサイズ感にぴったりだと思います。

デメリットをあげるとすれば、半熟にはできないこと。

そのまま解凍してもあのとろんとろんの黄身には戻らなかったので、この点は諦めるしかなさそう。

とはいえ、食感や味はいつもの目玉焼きと変わらなかったので、そこまでこだわらなければOKでしょう。

理科の実験みたいでちょっとおもしろいこのハック、ぜひ一度試してみてください。

日々ライフハックにまみれて生きていきたいライフハッカー[日本版]編集部員が、ちょっとした生活の工夫や発見をお届けしていくTiny Hack連載。やってみたいものから、えっ?となるものまで…どうぞ温かい目で見守ってください。

あわせて読みたい

部屋のあらゆる場所にフィルターを貼ってみたら凄かった!

卵焼き器はいらない。フリーザーバッグでつくる卵焼きの簡単おいしいレシピ

この一手間で変わる。ハムのきれいな焼き方


Image: James Pearsell, 1exey/Shutterstock.com

Photo: ライフハッカー[日本版]編集部

ライフハッカー[日本版]編集部 水野

swiper-button-prev
swiper-button-next