連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

コンパクトなのに多機能! 200インチの大画面を映し出すプロジェクター「POKE-PRO」があと3日

machi-ya

  • カテゴリー:
  • TOOL
コンパクトなのに多機能! 200インチの大画面を映し出すプロジェクター「POKE-PRO」があと3日
Image: machi-ya

たまには、家でプロジェクターを使って、大画面で映画やゲームを楽しみたいときがありますよね? ただ、プロジェクターは準備や片付けが大掛かりで、ちょっと面倒。

もっと気軽に使える小さなプロジェクターがあればいいのに…。

現在、姉妹サイトmachi-yaでキャンペーン中の「POKE-PRO」は、そんな願いを叶えるコンパクトなプロジェクターです。ポケットに入れて持ち運ぶことができるほどのサイズなのに、スペックも高い

友人の家に遊びに行くときや旅行にも便利なこのアイテムですが、キャンペーンが残り3日となりました。最後にチェックしましょう!

準備も片付けもスムーズ

薄型
Image: machi-ya

iPhoneとほぼ同じ大きさの「POKE-PRO」の重さは、わずか280g。素早く準備ができるし、電源を入れると約20秒で起動します。

お気入りの動画を本体だけで

アプリ
Image: machi-ya

「POKE-PRO」は、Android7.1を搭載しています。本体だけでアプリを使えるので、スマホなどを接続する手間が省けて便利ですね。

また、Wi-Fiを使ってネットに繋げるので、好きなようにアプリからお気入りの動画をストリーミング、ダウンロードしましょう。

大迫力の大画面

大画面-1
Image: machi-ya

ポケットサイズで薄型の「POKE-PRO」ですが、映し出す画面の最大サイズは、なんと200インチ。ディスプレイはブルーライトをカットするDLP仕様で、映像の明るさは100ルーメンです。

長時間使用しても光量に変化はなく、同じ明るさを保つことが可能とのこと。

ゲーム
Image: machi-ya

オンラインゲーム、映画、スポーツ観戦。いつもとは違った臨場感で、コンテンツを楽しんでください。

投影角度を自動で正す

台形
Image: machi-ya

プロジェクターで映し出した画面は、歪んで見にくくなりがち…。

ところが、「POKE-PRO」には縦横の歪みを直す自動台形補正機能が付いています。ストレスなく画面に集中できそうです。

三脚
Image: machi-ya

2段階で調整できる三脚も付属するので、こちらも上手く使って画面を安定させましょう!


コンパクトに大画面映像を楽しめる「POKE-PRO」は、現在クラウドファンディングサイトmachi-yaにて、キャンペーン実施中。執筆現在では、限定100個まで28%オフの35,850円からオーダー可能です。

詳細は以下のリンクからチェックしてみてください。

>>「POKE-PRO」のオーダーはこちらから

Source: machi-ya

Qurumu

swiper-button-prev
swiper-button-next