連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

シャツの首元を伸ばさず、ハンガー跡をつけずに干せる! アーム部分が伸縮するから洋服が型崩れしないね

roomie

  • カテゴリー:
  • TOOL
シャツの首元を伸ばさず、ハンガー跡をつけずに干せる! アーム部分が伸縮するから洋服が型崩れしないね
Image: Amazon.co.jp

ROOMIEより転載

洗濯物を干すとき、首元からハンガーかけてしまうことがあるんです。

また、衣服とハンガーのサイズがあっていなくて、シャツの方部分にハンガー跡が残ってしまうことがあります。

これって衣類を傷めてしまうし、型崩れを起こす可能性も……。

型崩れ防止ハンガーを活用

Image: Amazon.co.jp
Image: Amazon.co.jp

洗濯グッズも色々と進化しているもので、簡単に服を引っ掛けられて、型崩れはちゃんと防いでくれるハンガーがあるんです。

小久保工業所の「スライドキャッチハンガー」は、パット部分をスライド調節できるので、衣類のサイズにぴったり合わせられるハンガー。

ハンガー跡が残ることや、型崩れを防ぎ、袖の下も速く乾きます。

衣服にハンガーを通すときも、首元から入れるときは小さく、服の中に入れた後は肩幅に合わせて大きくして使えば便利ですよね。

また、パットは取り外し可能なので、用途によって付けたり外したりすることができます。

Image: Amazon.co.jp

グリップ部分は手で押すと折り曲げられるので、丸首のシャツも伸ばすことなく、楽に干せます。

「落ちない」工夫も

さらに、風が強いと洗濯物が飛ばされてしまう心配がありますが、このハンガーは洗濯物が「落ちない」工夫がされています。

Image: Amazon.co.jp

ハンガーの底部分はタオル等の洗濯物がズレにくいように左右にクリップ付き。タンクトップや、スカートを掛けられるフックも付いてます。

Image: Amazon.co.jp

フック部分は物干しざおなどを挟むキャッチ式で、しっかり固定できるため、風による移動を防ぎます。

家にあるハンガーで工夫して干していた衣類。

型崩れを防止できるハンガーを使えば、干す作業は簡単になって、衣類もきれいな形を長く保つことができそうですよ。

なお、以下の表示価格は執筆現在のもの。変更の可能性もありますので販売ページをご確認ください。

Image: Amazon.co.jp

Source: Amazon.co.jp

林 美由紀

swiper-button-prev
swiper-button-next