特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

洋服ブラシを習慣的に使うと得する。服が長持ち、クリーニング代も節約【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
洋服ブラシを習慣的に使うと得する。服が長持ち、クリーニング代も節約【今日のライフハックツール】
Photo: 中川真知子

花粉の季節が到来し、さまざまな対策をされていることでしょう。花粉を落とすために『洋服ブラシ』を使っている方もいらっしゃるのでは。

『洋服ブラシ』は花粉だけでなく、服の繊維の奥に入りこんだホコリチリをかき出し、繊維の流れを整えます毛玉防止型崩れ防止テカリ防止で洋服を長持ちさせることが可能。

メリットがたくさんあるオススメのアイテムなので、ご紹介します。

実際に効果を見てみましょう

私は着心地抜群の上質なメリノウールのセーターを持っていますが、毛玉ができやすいのが玉にきず。しかし、毛玉取り機繊維の巻き込みが怖いので使えません。

そんなときに活躍するのが『洋服ブラシ』です。

洋服ブラシレビュー
毛玉だらけな裾をブラシで撫でてみます。
Photo: 中川真知子

何度か着用して毛玉ができてしまった裾をブラシで整えます

洋服ブラシレビュー
全部取れるまではいきませんが、落ち着きました。
Photo: 中川真知子

すると、固まっていた毛が解けて、毛玉が目立たないくらい綺麗になりました。さらに、繊維がふんわり立ち上がりました

生地を傷めないように目立たない程度でやめて、どうしても気になる部分は毛玉を丁寧にハサミで切ります。

クリーニング代を節約、ダメージも減

ウールのコートは、袖を通すたびにブラシをあてます。理由はドライクリーニングに持っていく回数を減らし、クリーニングによるダメージを減らすため。また、虫食いなども早期発見できます。

洋服ブラシレビュー
毛の流れに逆らうようにブラシをあて、ホコリなどをとります。
Photo: 中川真知子

まずは、毛の流れに逆らうようにブラシをあてて、ホコリなどを掻き出します。繊維が逆立っているのがわかります。

洋服ブラシレビュー
毛の流れに沿うようにブラシをあて、毛をととのえます。
Photo: 中川真知子

次は、毛の流れに沿って整えます。光沢が出ました。

見た目手触りが変わるので、すぐに効果を感じられ服への愛着が増します

良い状態の服を着る楽しさを知ると、服選びの基準も変わってきます。

服の傷みが早いからと、ファストファッションで次から次へと買い物をすることがなくなり、少し高い服でもメンテナンスしながら長く着ようという気持ちが生まれます。

ブラシの選び方

ブラシには、デリケート素材に適した馬毛と、スーツを代表とする折り目が詰まった素材に適した豚毛があります。持っている洋服の素材に合わせて選ぶと良いでしょう。

『洋服ブラシ』は習慣的に使うと得するアイテムです。新生活に取り入れてみてはいかかがでしょうか。

あわせて読みたい

出先でスーツに付いた毛やホコリをサッととれる、スティック型のコロコロ粘着テープ【今日のライフハックツール】

靴のニオイのもとになる細菌の99.97%を1時間で分解。出先でも消臭&滅菌できるガジェット【今日のライフハックツール】


Photo: 中川真知子

Source: Amazon.co.jp

中川真知子

swiper-button-prev
swiper-button-next