特集
カテゴリー
タグ
メディア

移動や旅がもっと快適になる、Googleマップの便利な9つの機能

  • カテゴリー:
  • TOOL
移動や旅がもっと快適になる、Googleマップの便利な9つの機能
Image: Georgejmclittle/Shutterstock.com

必要なナビゲーションは、ほぼGoogleマップに頼っているのではないでしょうか。Googleマップは地元の場所を探すのに非常に便利ですが、旅行やバケーションの計画に使えると知っていましたか?

旅行の計画を立てる時から旅行中まで、Googleマップを最大限に活用する素晴らしい9つの機能をご紹介します。今回のリストはAndroid中心ですが、これらの機能はiOSユーザーも同じように使えます。

1. オフラインマップ

181112_GoogleMap_01
Image: MakeUseOf

新しい場所に行った時に最も不確かなことはネットの接続です。ですから、何があっても確実に動き回れるように、Googleマップでそのエリアのオフラインマップをダウンロードしましょう。オフラインマップでは、ネットに繋いでいなくても、ホテルやその他の施設なども調べることができます。

オフラインマップを入手するには、スマホでGoogleマップのアプリを起動し、今から行く場所を検索します。そのインフォメーションカード内に、ダウンロードというオプションがあります。

それを押して、ダウンロードするエリアを選択し、再度ダウンロードをタップしましょう。

2. リスト

181112_GoogleMap_02
Image: MakeUseOf

Googleマップの知られざる機能のひとつが、旅行で回りたい場所をすべてブックマークできるということです。行きたい場所をすべてリストに入れることができます。アプリではリストの作成方法は2つあります。

ひとつは、行きたい場所を開くと、ナビゲーションの中に保存というアイコンがあり、それをタップすると場所がリストに保存されます。「+(プラス)」アイコンをタップして、新しいリストを作成することもできます。一旦場所を保存すると、他の場所をリストに追加することも、その場所を他のユーザーと共有することもできます。

Googleマップでリストを管理するもうひとつの方法は、場所を検索して、それからインフォメーションカード内で保存を選ぶことです。そこから、既存のリストに追加したり、新しいリストを作成することもできます。

3. ショートリスト

181112_GoogleMap_03
Image: MakeUseOf

前述のリスト機能共同作業ができないので、グループでの旅行などを計画する場合に重大な欠点になります。それを打開するため、Googleマップは他の人が場所を追加したり、今ある場所に投票したりできる、ショートリスト機能を提供しています。

ショートリストは、誰かに場所を共有するときにフローティングアイコンとして現れます。それをタップすると、リストを見たり、共有前にさらに場所を追加したりできるのです。

共有しているメンバーは、指のアイコンをタップして投票することで、その場所が好きか嫌いかを共有できます。上部にある小さなマップアイコンをタップして、意思表示されているものを見ることも。

フローティングショートリストのメニューは、アプリを終了すると見えなくなりますが、お気に入りの場所タブからアクセスすることができます。

4. 周辺のスポット

181112_GoogleMap_04
Image: MakeUseOf

知らない場所でレストランを探す時、地元のガイドやおすすめレストランアプリなどがないと「当たり」「外れ」があります。うれしいことに、Googleマップはこの問題も解決してくれているのです。

周辺のスポットページは、これまでのアカウントの履歴や専門家のおすすめを考慮しています。Googleマップの下の部分をスワイプアップすると、このおすすめが出てきます。

さらに、周辺のスポットでは、グルメに人気のレストランなど選ばれたリストも表示してくれるので、興味がありそうな場所が明確にわかります。

5. フード/ドリンクの好み

181112_GoogleMap_05
Image: MakeUseOf

Googleマップのレストランのおすすめでは、あまり興味がわかない場合は、「設定 > 周辺スポット」にある「フード/ドリンクの好み」を調節してみましょう。

興味がある料理の種類や場所、または興味のない料理や場所を選ぶことができます。

6. タイムライン

181112_GoogleMap_06
Image: MakeUseOf

自分が移動した履歴を記録し続けるのは、時間もかかり、疲れる作業です。そんな時は、Googleマップにやってもらいましょう。

Googleマップには、タイムライン機能という、訪れた場所をすべて記録し、素敵なインターフェイスで表示してくれる、素晴らしいツールがあります。さらに、その時のメモを書いたり、そこで撮った写真を表示したりすることも。

経路や歩行距離など、他の詳細な情報もたくさん表示してくれます。このタイムライン機能は、Googleマップの左側のナビゲーションにあります。

7. 寄り道

181112_GoogleMap_07
Image: MakeUseOf

ドライブ旅行に出かけたとします。Googleマップに頼りながら知らない場所を走っていると、そろそろ食事でもしたいなと思いました。そんな時は、メインのナビゲーションを終了し、食事をする場所を探し始めることができます。もしくは、Googleマップの寄り道機能を利用することもできます。

ナビゲーションがアクティブになっている間も、Googleマップでルート上のどこかの場所を探して、寄り道を設定することができます。

Googleマップ下の、到着予測時刻が表示されているナビゲーション画面を引き上げ、「経路沿いを検索」をタップします。検索画面で探しているものを入力すれば、Googleマップが現在走行中の経路に寄り道として追加するので、最初の目的地がなくなることはありません。

8. 経由地

181112_GoogleMap_08
Image: MakeUseOf

ドライブ旅行に出かける前に、目的地を追加することも可能です。

ディレクション画面で、現在地の横にある3つの点をタップすると、経由地を追加というオプションがあります。そこをタップすると、いくつでも好きなだけ経由地を追加できます。行く順番を変えたい時は、経由地(目的地)をドラッグして移動させるだけです。

9. メディア(音楽)再生コントロール

181112_GoogleMap_09
Image: MakeUseOf

Googleマップでは、ナビゲーション画面から、「Google Play Music」(iPhoneの場合は「Apple Music」)や「Spotify」の再生コントロールをすることもできます。移動する時にスマホでこのオプションが表示されない場合は、手動で音楽の再生コントロールを有効にしなければなりません。

その場合は「設定 > ナビ」に行き、「メディア(音楽)再生コントロール」のオプションをタップし、好きなストリーミングサービスを選びましょう。

これで、ナビゲーションを利用中に、新しい再生ボタンが表示されるはずです。下のカードを引き上げて、プレイリストの残りの曲を見ることもできます。

Googleマップを使って賢く移動しよう

このような機能を使えば、Googleマップで移動や旅行の準備をするのがはるかに簡単になりますが、これ以外にも旅行の問題を解決してくれるものはたくさんあります。最高に賢い旅行計画アプリの記事も目を通してみてはいかがでしょうか。

ここでは、Googleマップでできることすべてをカバーしきれませんでしたので、Googleマップのナビゲーションの使い方など、他のTIPSもチェックしてみてください。

ダウンロード:Googleマップ Android版iOS版(無料)

あわせて読みたい

Googleマップで自分の現在地情報をシェアして、ついでに友達のバッテリー残量をチェックする方法

Googleマップだけじゃない。旅に役立つ便利なGoogle活用法

Image: Georgejmclittle/Shutterstock.com

Source: Google, Apple

Original Article: 9 Essential Google Maps Tips for Planning Your Trips Better by MakeUseOf

訳:的野裕子

swiper-button-prev
swiper-button-next