lifehacker

特集
カテゴリー
タグ
メディア

読書の生産性を高める、一風変わった速読術

  • カテゴリー:
  • TOOL
読書の生産性を高める、一風変わった速読術
Image: nito/Shutterstock.com

速読の技術をマスターするのは大変なことがあります。速読のスキルを身につける“正しい”方法を教えてくれる本や、記事や、講義は大量にありますが、先日ニュースメディア「Fast Company」でも、速読を素早く身につける一風変わった方法について本を書いた専門家が語っていました。その著者のおすすめは、メモ帳を使うやり方です。

この速読法の考え方は非常に簡単です。本や新聞など、物理的に手に取れるものを読んでいる時は、その時自分が読んでいる行の上に白いメモ帳を置きます。読んでいる部分の下にメモ帳を置いてすべてを隠すことで、今読んでいる場所に集中することができます。

読んでいる行の下に何か物を置いて、集中しようとする人は多いですが、すでに読んだ部分が目に入ると、人は戻って読み直そうとするのだと専門家は言います。ですから、読み終わった部分を隠すことで、今読んでいる部分に集中し続けることもできるし、自分の目を次のページ(まだ読んでいない部分)へと押し進めることにもなります。

オンラインの文章の場合も、読んでいる部分を常にブラウザのウィンドウの一番上に持っていくことで、同じようなことができます。読み進めたら、読んだ部分が見えなくなるようにページをスクロールしましょう。

この方法では、白いメモ帳を使う必要はありません。私は栞で同じようにやって、同じような効果が得られました。また、その時読んでいるものに集中し続けられるだけでなく、やむを得ず中断しなければならなくなった時も、読み終わったところがすぐにわかるというメリットもあります。


Image: nito/Shutterstock.com

Source: Fast Company

Emily Price - Lifehacker US[原文

訳:的野裕子

swiper-button-prev
swiper-button-next