lifehacker

特集
カテゴリー
タグ
メディア

新生活特集ーHACK NEW LIFE

新年度・編集部REBORN計画② 確かな眠みの原因「エナジードリンク」をやめる

新年度・編集部REBORN計画② 確かな眠みの原因「エナジードリンク」をやめる
Image: Billion Photos/Shuttterstock.com

新年度、始まりました

年度末の慌ただしさから一息つくタイミングでもありますが、そんな新しい季節には、余計なものを捨て去って、新たな気持ちで挑みたいものです。モノはもちろん、日常的に惰性で続けてしまっている悪い習慣も。

そこで、気持ちも新たで新年度を迎えるために、深酒エナジードリンク麺類タバコなど、4人のライフハッカー[日本版]編集部員がそれぞれにやめようと思ってもやめられないでいた悪い習慣のリセットに挑戦してみることにしました。

悪い習慣をやめるにあたって、それぞれの編集部員がどのようにやめたのかを習慣化コンサルタントの古川武士さんに聞いてもらい、採点とアドバイスをいただきます。

古川武士(ふるかわ・たけし)/習慣化コンサルタント

furukawa_prof

関西大学卒業後、日立製作所などを経て2006年に独立。約3万人のビジネスパーソンの育成と約500人の個人コンサルティングの現場から「続ける習慣」が最も重要なテーマと考え、オリジナルの習慣化理論・技術をもとに個人向けコンサルティング、習慣化講座、企業への行動定着支援を行っている。主な著書に「続ける習慣」「やめる習慣」「早起きの技術」などがあり、全16冊、計70万部を超え、中国・韓国・台湾など海外でも広く翻訳され読まれている。公式サイト

2回目は、「いつも眠い」でおなじみの編集部員ヨコヤマが「エナジードリンク」をやめる試みをしました。

やめようと思ったきっかけ

energy
Image: santypan/Shuttterstock.com

・エナジードリンクを常用することにより肝機能に支障がきたすという話を聞いたから

・そう考えてみると、疲労がとれない気がした

・成分に糖分が大量に入っており、恐怖を感じたから

・太ってきたことへの危機感

まず、なぜやめようと思ったのか、そのきっかけから。

一番最初にきっかけとなったのは、とあるウェブの記事で「エナジードリンクを常用して飲みすぎると肝機能に影響を及ぼす可能性がある」という研究結果を読んだことでした。さらに、そうしたドリンクの成分を調べてみると糖分が多く含んでいることがわかり、常用することで身体に悪い影響を及ぼすことになるかもしれない、と思ったのです。

また、直接的に関係しているかはわかりませんが、エナジードリンクを飲むようになってから食生活に気をつけたりしても太っていったことも、もしかしたらそこに原因があるかもしれないと思いました。

エナジードリンクというものがよくないという話を鵜呑みにするかどうかはさておいたとしても、私はあまりにも飲みすぎていました。昼食後に約250ミリリットル缶のエナジードリンクを毎日飲んでいたのです。実際お金も高いですしね...。

というわけでエナジードリンクをやめることにしました。

やめるためにしたこと

gum
Image: Studio KIWI/Shuttterstock.com

・まず日々眠くなったときに飲んでいたため、眠くならないための努力をして飲まないように努力

1. 入眠の時間を早める

2. 寝る間際に電子機器に触らない

3. 昼に炭水化物の摂取を減らす

・段階的減量

・代わりにガムを噛むようにする(お菓子を食べるとだめだと思い)

・運動をしてみる

・「飲んだつもり」貯金の実施

さて、実際にやめるためにしたことがこちら。

私はまず、エナジードリンクをなぜ飲むのか、に関して考えました。そして私にとってエナジードリンクは眠くなったときに飲んで瞬間的に眠気をはらうもの、だと気づきました。昼食後の眠くなった時間に毎日飲んでいて、果ては「これを飲むことで自動的に眠気がなくなりやる気が出る」というトリガーのようになっていました。なので、やめるために日々の中で日中や夕方などに眠くならないようにすることで、エナジードリンクを飲む必要性自体をなくせばいいと考えたのです。

まず、入眠時間を早めるためにいつもよりも早く寝る準備をします。そして眠る前にパソコンやスマホなどの電子機器をあまり使わないようにして脳を覚醒させないように。睡眠行為だけでなく、炭水化物(糖質)の摂取より眠気が引き起こされることから、昼食での糖質の制限を行ないました。

とはいえ、たまには眠くなるものです。そんなときに、眠気を軽減するための新たなトリガーが必要と思い、代替策としてガムを噛むようにしました。さらに始めは徐々に数量を減らしていく、買わなかった分のお金を「飲んだつもり貯金」として貯めてみる試みもしました。

結果、約1カ月半の間(現在まで)エナジードリンクを飲まずに済み、やめることに成功しました。

古川さんの採点&アドバイス

number90
Image: santypan/Shuttterstock.com

これらの私のやめるため実践したことを元に、古川さんに採点とアドバイスをしていただきした。その結果...

90点!

高得点をいただきました! 古川さんによる、なにがよかったのかという採点の詳細とさらなるアドバイスは以下の通り。

6
Image: ヨコヤマコム

結果としてエナジードリンクをやめられた、ということで90点です。

エナジードリンクのような依存性があるもので眠気を回避していたのを、糖質の制限など依存性がないやり方で代替策を試してみたのはいいですね。

このように依存性のないものをやる気を出す、トリガーにするように代替策をやってみるというのはとてもいいことです。

また、たとえば編集部のほかの人に聞いてみて、それぞれがどのように眠気を回避しているか、というやり方を試してみてもいいかもしれません。

実際にほかの編集部員に聞いてみたところ、寝てみるパワーナップの実践)やデスクでの作業だけでなくスタンディングでの作業をしてみる、少し散歩などをして歩くことでリフレッシュするなどがありました。古川さんいわく、こうして出てきたアイデアを試してみて、自分に一番フィットする方法を探ることが大切なのだそう。いろいろ出てきたアイデアを試しつつ、一番いい方法を実践していく、ということですね。


このようにして、ひとまずはエナジードリンクを飲むという習慣をやめることができました。それでも残業などで睡眠時間が少なくなってしまい、どうしても眠くなってしまうときはどうしたらいいだろう、なんて不安もあったり...。そんなときはエナジードリンク以外の代替策で眠気を回避する方法をやってみようと思います。

180316bad_habits_energydrink11
Image: Ilkin Zeferli/Shuttterstock.com

また、今回「悪い習慣をやめる」ということを行なったことで、ひとつを変えようと考えるときに、付随するほかのことへの意識も働き根本的に生活リズムなどをより良くしようといった思考プロセスがあったことも、やってみてとってもよかったと思えました。

Image: Shutterstock.com(1, 2, 3, 4, 5), ヨコヤマコム

ヨコヤマコム

swiper-button-prev
swiper-button-next