特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

千切りキャベツは包丁を使わないほうが作りやすい【今日のライフハックツール・ベスト版】

  • カテゴリー:
  • TOOL
千切りキャベツは包丁を使わないほうが作りやすい【今日のライフハックツール・ベスト版】
Photo: 藤加祐子

2016年4月25日の記事を再掲および再編集しています。

突然ですが、トンカツお好きですか? 私はトンカツだけでなく揚げ物全般が大好きです。そして、同じくらい千切りキャベツも大好きです。

ところが、いくら料理好きでも包丁だけでトンカツ屋さんのように、フワフワな千切りにするのは難しいもの。でも、元々キャベツは葉が重なっており、縦半分に切って断面をスライスすれば、早くて簡単に千切りができるはず。私はそんなアイデアから生まれた、関孫六の『ワイドピーラー』を愛用しています。

160419_widepeeler_002
Photo: 藤加祐子

一般的なピーラーよりもかなり大きく、重みもありますが、キャベツを切るには程よい重さに感じられます。また、刃の材質はハイカーボン材が使われており、切れ味が持続するのもうれしい点。

160419_widepeeler_003
Photo: 藤加祐子

硬い根菜類も薄く切れるので、サラダのレパートリーも増えそうですし、ピーラーとしては大根の桂剥きが包丁よりも楽にできます。別売の千切り用の刃に付け替えれば、あらゆる野菜の千切りが早く簡単にできますね。

生にせよ火を通すにせよ、千切りした野菜はあっというまに調理が終わります。食生活の改善にも役立ちますので、自炊派なら検討の価値ありなツールです。


Photo: 藤加祐子

Source: 貝印

藤加祐子

swiper-button-prev
swiper-button-next