lifehacker

特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

水分不足からの仕事効率の悪化を予防。水分補給のタイミングを教えてくれるスマートウォーターボトル【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
水分不足からの仕事効率の悪化を予防。水分補給のタイミングを教えてくれるスマートウォーターボトル【今日のライフハックツール】
Image: H2OPal

言うまでもなく、私たちは水分補給を欠かすことができません。

しかし、飲み物に限らず食事からも水分は摂れるため、特に水分補給しようと意識したことがない人も少なくないことでしょう。

でも実は、「朝は脳のエンジンが上手くかからない」とか、「特に病気にかかっているわけでもないのに、何となくダルい」という人は、水分不足が原因となっていることもあるのです。

Video: H2O-Pal / YouTube

H2OPal』は、必要な水分量の確保をなおざりにしがちという人にチェックしておいて欲しい「スマートウォーターボトル」。

ボトルの下に取り付けてあるセンサーが水分補給をした時間と量を計測し、連携しているスマホアプリから必要に応じて水分補給するように通知してくれるのです。

アスリートなら1日に2リットル、一般人でも1リットルの水分が必要という説もありますが、肝心なのはきちんと吸収できるよう、こまめに補給すること。

さらにFrontiers掲載の研究結果によると、仕事の前に必要な水分量を摂っておくと能率がアップするそうなので、常に必要水分量を確保しておくように心がけましょう。

20180321_h2opal_01
Image: H2OPal

取り外しのできるセンサー部は防水仕様となっていますが、食器洗い洗浄機の使用はできません。また、『H2OPal』はボトルを持ち上げた動きを感知して、置いたときとの重量差で消費した水の量を測っています。無用な計測を生まないために、手洗いであっても洗うときはセンサー部分は外した方がいいでしょう。

電源にはボタン電池(CR2450)を利用していて、4〜6カ月ほどの寿命がありますので、いちいち充電する必要はありません

iPhone、Apple Watch、Amazon Alexa(Echo)と連携できますが、AndroidについてはOS 8.0以上の一部機種に限りますので、ご注意ください。また、水分のデータはFitbitのアプリとも連携可能です。

現在値引きされており(2018年3月26日時点)、本体価格99ドル(約1万500円)に送料20ドル(約2000円)となっています。


Image: H2OPal

Source: H2OPal, H2O-Pal / YouTube, Frontiers

田中宏和

swiper-button-prev
swiper-button-next