lifehacker

特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

価格以上のメリットあり。Bluetoothレシーバー「AUKEY BR-C13」【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
価格以上のメリットあり。Bluetoothレシーバー「AUKEY BR-C13」【今日のライフハックツール】
Photo: 傍島康雄

iPhoneはイヤホン端子が廃止されて久しいですが、イヤホンやヘッドフォンはケータイと比較するとライフサイクルが長いので、有線のものを愛用している方も多いはずです。今回ご紹介する『AUKEY Bluetoothレシーバー BR-C13』を使えば、有線イヤホンを無線化できる以外にもメリットがあるのでご紹介します。

aukey02
Photo: 傍島康雄

AUKEY BR-C13』は最新のBluetooth 4.1に対応しており、高速で安定に信号を伝送することが可能。マルチポイント機能にも対応しており、スマホやタブレットで2台同時にペアリングできます。

大きさは35mmx35mmの正方形で16gと、小型・軽量です。価格も重さ同様に軽く、1599円。小さいので、ポケットに放り込んでも邪魔にはならず、本体裏のクリップを使って服に留める使い方も可能。連続再生時間は約10時間で、1日は使えます。

充電しながら音楽が聴ける

iPhoneのバッテリー残量を心配することもなくなりましたが、変換アダプタを使うと充電コネクタを塞ぐので、充電しながら音楽が聴けません。『AUKEY BR-C13』を使えば、Bluetoothで音楽を再生するので充電コネクタを塞がず、充電中も音楽が聴けます

Apple Payでの支払いが楽

有線のイヤホンを使っていると、Apple Payで支払う時にケーブルが邪魔になり、レジ前でワチャワチャして恥ずかしい思いをします。『AUKEY BR-C13』を使えば、iPhoneからケーブルがぶら下がることがないので取り回しが楽になり、スムーズに支払えます。

iPhoneに限った話ではない

Androidでもヘッドフォン端子が廃止の傾向にあり、USB Cの変換アダプタを使うケースが増えています。いずれもiPhoneに限った話ではなく、Androidでも同じことが言えます。

残念なところ

有線イヤホンは、ものによってはケーブル長が1.2mほどあり、このまま無線化すると持て余すことになって邪魔です。このケーブルを『AUKEY BR-C13』にあるクリップに巻き取れるようになれば、より便利に使えると感じました。

aukey03
Photo: 傍島康雄

もうひとつは、『AUKEY BR-C13』の充電はmicroUSBということ。microUSBで充電する機器は少なくなっているので、LightningかUSB Cで充電ができるとケーブルを複数持ち歩く手間が省けて便利だと思います。

イヤホンだけでなくスピーカーにも

『AUKEY BR-C13』は、有線イヤホンだけではなく有線スピーカーを無線化するのにも使えます。

価格も手ごろですし、ひとつ持っておけば役立つことでしょう。気になる方は、購入してはいかがでしょうか。


Photo: 傍島康雄

Source: AUKEY, Amazon

傍島康雄

swiper-button-prev
swiper-button-next