特集
カテゴリー
タグ
メディア

口(くち)ケア、五者五様。多様化する歯の悩みに全対応するツール

Sponsored

口(くち)ケア、五者五様。多様化する歯の悩みに全対応するツール
Sponsored by パナソニック株式会社
イラスト: 大橋裕之 Photo: 鈴木竜一朗

社会人なら誰もが気になる、身だしなみやエチケット。特に「口もと」は個人の印象が決まる玄関口のような存在で、見ないふりでは済みません。

でも、そもそも何に気をつけるべきなのでしょう。におい? 見た目の清潔感? いろんな人と話していると、気になるポイントは本当に人それぞれのようです。このように、ライフスタイルはもちろん世代によって歯の悩みが変わるのと同じく、その悩みに呼応する「歯のケア」も多種多様なんです。

そこで今回は、パナソニックの電動歯ブラシ「ドルツ」シリーズ最上位モデルで、歯の悩みにきめ細やかに対応するとの呼び声高い「音波振動ハブラシ ドルツ EW-DP51」を使ってその実力を検証してみました。

異なる悩みを持つ編集部員5人がお試し

doltz03
Photo: 鈴木竜一朗

ドルツ EW-DP51」は、悩みに応じたケアが選べる5つのモードと6タイプのブラシ付き。特に、2つのモーターを搭載して、ヨコ振動にタタキ振動を加えたパワフルな歯垢除去力持つ「W音波振動」が特長です。

欧米人に比べて歯が小さく、凸凹が大きい日本人にあわせて設計されているのは、日本発のブランドならでは。それぞれのモードとブラシを組み合わせて、5人で5通りのケアに挑戦です。

▼お悩み①:歯間の汚れがきちんと落ちる、正しい磨き方は?

doltz_01
Wクリーンモード×マルチフィットブラシ
イラスト: 大橋裕之 Photo: 鈴木竜一朗

編集部員・A(20代男性)

小学校でブラッシングはタテ磨きと習った世代。「ドルツ EW-DP51」の特長であるヨコ磨き&タタキ磨きで歯間の汚れがきちんと落ちるのか、半信半疑。それでも、進化を続ける音波振動ハブラシには興味津々。

・試したのは【Wクリーンモード】

ベーシックな歯磨きに使いたいのが「Wクリーンモード」。すごいのは毎分約31,000ブラシストロークの「ヨコ磨き」に加え、毎分約12,000ブラシストロークの「タタキ磨き」による新開発の「W音波振動(※1)」を実現したこと。歯周ポケットの汚れをかき出す音波振動のヨコ磨きと、歯間の汚れに立体的にアプローチするタタキ磨きで、歯の汚れを効果的に除去し、ツルツルに磨き上げます。 また、磨きすぎを防止するパワーコントロール機能も特長のひとつ。歯と歯ぐきへのやさしさとパワフルさを両立させながら、適度な強さで歯を磨くことができます。

※1 音波領域内での振動

・組み合わせたブラシは【マルチフィットブラシ】

かたさと長さの異なる3種類の毛でできたコンパクトなヘッド。「マルチフィットブラシ」の名の通り、歯の表面と裏面、そしてかみ合わせ面までしっかりフィットします。ブラシの柄がアーチ状のデザインで、歯並びに沿って奥歯や歯の裏側までしっかり届きます。

・使った感想は?

スイッチを押した瞬間、ブラシが歯をしっかり覆うような感覚に、これが「W音波振動か」と驚きました。「タタキ磨き」の細やかストロークが、懸念だった歯間の汚れに届いている感じがします。「モード記憶機能」が前回使用したモードを記憶してくれているので、毎回設定し直さなくても、スムーズに自分のお気に入りのモードでスタートできるのもうれしいです。

▼お悩み②:若くても歯周病にはなる、と聞いて不安に

doltz_02
ノーマルモード×密集極細毛ブラシ
イラスト: 大橋裕之 Photo: 鈴木竜一朗

編集部員・B(20代男性)

自分には関係がないと思っていたけれど若くても歯周病になる人は多いと聞いて、歯周病ケアに興味を持ち始めたばかり。1日3回ケアできればベストとわかっていながらも、ランチ後に歯を磨く習慣はなく、なんとか朝・夜の2回できっちり磨いて歯周病を防ぎたいと思っている。

・試したのは【ノーマルモード】

歯周ポケットにひそむ歯周病の原因菌を集中的にかき出したいなら、このモードがおすすめです。歯周ポケットにしっかりアプローチするので、朝晩2回のお手入れで集中的にケアしたいところ。

・組み合わせたブラシは【密集極細毛ブラシ】

極細毛を採用しているので歯周ポケットや細かい部分に入り込み、歯周病の原因菌やすき間汚れをかき出します。歯や歯ぐきへのあたりがやわらかく、使用感の心地よいブラシです。

・使った感想は?

歯周ポケットのケアって、すごく繊細なイメージがあったので、自己流でケアすると歯肉を傷つけてしまうのではないかって不安でした。この「密集極細毛」は歯や歯ぐきに吸い付くようなフィット感が気持ち良くて気に入りました。「歯周病ケアをするぞ」と意気込まなくても、僕はドルツを手に持つだけでいいので簡単。パワフルな“磨き力”にも信頼を置いているので、朝晩の習慣にして続けてみたいと思います。

▼お悩み③:日本人の歯にあったケア方法なんてある?

doltz_03
Wクリーンモード×ポイント磨きブラシ
イラスト: 大橋裕之 Photo: 鈴木竜一朗

編集部員・C(30代女性)

幼い頃の歯科矯正経験から、自分の歯の型を意識したケアに努めているものの電動ハブラシはまったくの初心者。今回の試用を機に凸凹が多い日本人の歯にあったケアを習得したいともくろんでいる。

・試したのは【Wクリーンモード】

W音波振動のパワフルな歯垢除去力はもちろんのこと、磨きすぎがないよう配慮されているドルツなら、初心者でも安心して使えます。

・組み合わせたブラシは【ポイント磨きブラシ】

もともと、欧米人に比べて小さく凹凸が大きいと言われる日本人の歯のことを考えて作られているドルツ。全体的に磨いたあとに「ポイント磨きブラシ」を使えば、歯間や歯並びの悪い部分といった自分の歯の型にあったケアが叶います。また、矯正中の人は歯と矯正器具の隙間に差し込んで磨くことも可能。ヘッドが小さく、歯間ブラシのような手軽さで奥歯や裏側の歯間にもしっかり届きます。

・使った感想は?

まったくの「電動ハブラシ」ビギナーで電動ハブラシを上手に使いこなせるのかという不安もあったのですが、音や振動もあまり気にせず使うことができました。これまで、歯の型のせいかどうしても磨きにくいと思う箇所があったけれど「ポイント磨きブラシ」は「かゆいところに手が届く」ではないですが、これまで磨きたかったところにブラシがちゃんと届く感じがあって、そのスッキリ感に満足しています。

▼お悩み④:歯ぐきやせが気になる30代。デザイン性にもこだわって選びたい

doltz_04
(左)ガムケアモード×シリコンブラシ/ステインオフモード×ステインオフブラシ(中央)&ソフトモード×ステインオフアタッチメント(右)
イラスト: 大橋裕之 Photo: 鈴木竜一朗

編集部員・D(30代女性)

年齢による「歯ぐきやせ」が、最近とても気になる30代のD。機能はもちろん、ハブラシ本体もスタンドもビジュアルを重視したいため、お気に入りを探してさまよう「電動ハブラシジプシー」を自称。

・試したのは【ガムケアモード】

歯ぐきのケアをしたい人におすすめのモード。他のモードよりもゆっくりとした振動で歯ぐきにアプローチします。約1週間で歯ぐきの健康を推進できるモードです。

・組み合わせたブラシは【シリコンブラシ】

やわらかなシリコン素材の歯ぐきケア専用ブラシ。歯ぐきにやさしくあたりながらも、ケアの手ごたえを感じられる使い心地が特長です。

・使った感想は?


teire1
Image: パナソニック株式会社


歯の健康は歯ぐきから」なんて言うし、このドルツのブラシとモードの合わせ技で健康な歯ぐきをキープしたいと思います。ドルツは本体も美しくて、とても握りやすいのが気に入っています。歯を磨いている間に、汚れをさっと拭き取れるスタンドのフォルムもうれしい。

▼お悩み⑤:ステインケアに興味あり。でもランニングコストは?

編集長・E(30代男性)

2児の子育てに追われるパパでもあるため、時短ツールにもなる電動ハブラシに注目していたところ。タバコとコーヒーをたしなむためステインケアも講じたいが、ブラシやアタッチメントのコストが気になる。

・試したモードは【ステインオフモード】

歯の表面に付着したタバコのヤニや、コーヒー、赤ワインによるステインなどの気になる汚れを除去するためのモードです。約1週間のケアで自然な白い歯へと導いてくれます。

・組み合わせたブラシは【ステインオフアタッチメント】

歯の表面をきれいにする「歯面用ラバー」と、歯と歯の間、歯並びが悪いところなどのケアに使用する「歯間用ラバー」が背中あわせになっているブラシです。「ステインクリーンペースト」を使ったスペシャルケアをおこなえば、いつもの歯磨きでは落としきれないステイン汚れもしっかりとケアすることができます。

・さらなるきれいを目指すなら【Wクリーンモード&ソフトモード×ステインオフブラシ】

ステインオフブラシは、Wクリーンモードと組み合わせて通常の歯磨きでステインケアができます。また、ソフトモードにして背面を使えば舌の汚れをきれいにすることも可能です。

・使った感想は?

ステインは定期的に歯科医でクリーニングしなければ落ちないと思っていたので、毎日の歯磨きのついでにブラシを付け替えるだけでケアできるのはうれしいですね。正しく歯にあたる感覚を身につけて、効果的に磨きたいと思います。2分間の充電で1回分(約2分間)の「2分間クイックチャージ」機能があるので(※2)、うっかり充電スタンドに戻すのを忘れていたときにも助かりましたよ。また、ドルツのブラシ交換は約3カ月に1度でOK。経済的だし、奥さんに購入を相談してみようと思っています。

※2 周囲の温度や使用条件により、使用時間が異なります。
doltz_05
イラスト: 大橋裕之

五者五様の悩みを簡単に解決してくれたことで、「課題解決力が高すぎる」とにわかに編集部がざわついた「ドルツ EW-DP51」。口のケアも仕事のうちと考えれば、すぐにでも手にとりたい歯ブラシです。

さらに現在、今回紹介した「ドルツ EW-DP51」を無料でお試しできる 「W音波振動のドルツおためしキャンペーン」 が実施中。ドルツシリーズの最上位モデルである「ドルツ EW-DP51」を抽選で4,000名に約2週間、無料で貸し出しするというなんともパワフルなこのキャンペーン、応募締め切りは2017年12月28日(木)なので、歯の悩みをひとり抱えている…なんて人はこの機会に応募してみては?

また、同タイミングで「W音波振動のドルツツイートキャンペーン」もやっています。「ドルツ EW-DP51」を購入、もしくは「おためしキャンペーン」で使用した方はその感想をツイートするとプレゼントがもらえるかも。こちらの締め切りは2018年2月28日(水)まで。気になる人はこの機会にチェックを。

Source: ドルツ EW-DP51

Illustration: 大橋裕之

Photo: 鈴木竜一朗

Sponsored by パナソニック株式会社

(文/大森りえ)

swiper-button-prev
swiper-button-next