特集
カテゴリー
タグ
メディア

これで生産性アップ! あなたのデスク周りでできる7つのこと

BUSINESS INSIDER JAPAN

これで生産性アップ! あなたのデスク周りでできる7つのこと
立てかけられているのは手帳。「手帳は書き込むことより見返すことが多いから、デスクカレンダー感覚でスタンドを使って立てかけるのがお薦め」愛用するスタンドは「3ワイヤースタンド」(ギブソン)。

BUSINESS INSIDER JAPANより転載:ビジネスパーソンの最大の関心事に、依然として生産性を上げる仕事術は入っているだろう。もしまだ、自分に合うやり方が見つかっていなかったら、働き方というソフト面からではなく、デスク周りというハード面からのアプローチに変えるといいかもしれない。

All About「ステーショナリー」ガイドでもあるステーショナリーディレクターの土橋正さんは、『モノが少ないと快適に働ける』という著書の中で、書類の山から解放されるミニマリズム的整理術を提案している。

「デスクを離れて、必要書類だけを持って会議室で作業したら、思いの外はかどって短時間で終わった、という経験はありませんか。会議室での作業がはかどる理由は、作業を邪魔する余計な視覚的ノイズがないからです。自分のデスクでも、同じ環境づくりを目指しましょう」

具体的なポイントは、次の7つのとおり。まずはどれか1つ、これならできそう、というものからやってみよう。いつの間にかデスク周りの最適化が進み、仕事の生産性も上がるに違いない。

1. 机の上はものを置く場所ではない

「机上はワークスペースで、書類や文具などの仕事道具を置くスペースではありません。それらは引き出しに入る分のみに整理して、それ以上増やさないように心がけましょう」土橋さんのデスクの上には、常に作業中の書類しかない。ペンや付箋、消しゴムなどの文具も必要最低限に絞り、ペンケースのような入れ物に入れている。気づくと増えている文具も、入れる「器」を決め、器を小さくすれば増えようがない。その発想で、土橋さんのデスクには、なんと引き出しもない。6年前、今のオフィスに移転する際に、引き出しをなくしたそうだ。

seisansei01
愛用する文具を入れる「ツールボックス」(ポスタルコ)は、土橋さんにとっての引き出し。ボタンを外して2つ折りにすると自立する。フリーアドレスのオフィスやテレワークなど社外での仕事にも使えるアイテムだ。
seisansei02
4段の収納スペースに分かれた「ツールスタンド」(カール事務器)は自宅のデスクで使用。上から使用頻度が高い順に並べて、使ったら必ず元の位置に戻す。
提供:土橋正事務所

次のステップは「視覚のノイズをなくす」こと。以下のリンク先に続きます。

これで生産性アップ! あなたのデスク周りでできる7つのこと | BUSINESS INSIDER JAPAN

(文/茅島奈緒深、撮影/篠塚ようこ)

swiper-button-prev
swiper-button-next